FRONT −ようこそMYOGO’sBLOGへ−
126.114.42.209.jpg

【広告や商品情報について】
占いやスピリチュアル、又はそれに準ずるものが出てくる場合がありますが、これは運営会社側のシステムの都合上のものです。MYOGOやパイン・フューチャー・クリエイティブと関係はありませんのでご了承下さい。
※但し、fortune salon NEW MOONと紫微斗数書籍関連は除きます。




   
   

2012年09月21日

鑑定の実例 -高嶋政伸さん・美元さん夫妻-【追記しました】

高嶋政伸さん・美元さんについて進展がありましたので記事を追加しました。

記事の下方の「続きを読む」が出て来た場合は、こちらをクリックして下さい。

記事はこちら。
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/283212421.html

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!




posted by MYOGO at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

鑑定の実例 -美川憲一さん-

今回は美川憲一さん(昭和21年5月15日生まれ・生時不明)を取り上げたいと思います。本来は別の方を取り上げる予定でしたが、事務所問題が解決したとの事なので、小林幸子さんとの対比を含めて命盤を見ていきます。

※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html

命宮は「廉貞(化忌)」「天府」「鈴星」で、何を考えているのかわからない様な時もあり、自分自身に様々なこだわりや悩みもあったり、カッとしたり、骨太なところもあったりもしますが、概ね明るくおおらかでちょっと天然っぽい性格です。
芸能界のご意見番として出てきたり、様々な方から相談を受けたりして、歯に衣着せぬ発言をしていますが、命宮の「廉貞(化忌)」と、命宮の反対の遷移宮の「七殺」「陀羅」「天空」がそうさせています。元々悩み相談向きです。

幼い頃に実母が病気を患い、実母の姉に育てられます。そういう場合は命宮にも父母宮にも主星が入らない場合が多いのですが、父母宮に「太陰」「文曲」「天魁」「天馬」としっかり入っています。実子の様にしっかりと育ててくれる事をここでも見て取れます。しかも様々な芸事の知識にも長けていて、美川さんにも習い事をさせた事もうかがえます。

デビューの年の運もここの父母宮であり、10年間の運もここです。命宮の「廉貞」、福徳宮の「貪狼」も芸能の意味があるので、芸能界向きではあるでしょう。
本当は別の仕事に就きたかったと思います。例えば、金融機関とか商社とか生活関連企業で、しかも大手のいい会社で安定した仕事に就いていたのではないでしょうか(官禄宮の「武曲」「天相」・財帛宮の「紫微」)。
しかし、育ててくれたのは実の親で無い事を知るが、二人の母の深い愛情にも触れ、このままではいけないと思って、手っ取り早く稼げる芸能界を選ぶ宿命だったのではないかと思われます。父母宮の「天魁…目上の助け」「天馬…移動の星」がそうさせたのでしょう。

その後はヒット曲にも恵まれ、順風満帆な芸能生活でした。父母宮のエネルギーが強いのと、その次の10年が「貪狼」だからでしょう(ただしエネルギーは下がる)。でもデビュー時のエネルギーが後の10年にも影響したからだと思います。

この次の10年は「天同(化禄)」「巨門」です。エネルギーが低下し、ここが大麻で2度の逮捕・地方回りといったどん底の時代でした。
気になるのはこの10年と、逮捕された年にはその年限りの「化禄」が付いていることです。「禄存」には薬という意味合いがありますが、「化禄」にもやはり同じ様な意味合いがあるのでしょうね。必ずしも吉星を吉と読むとは限らないので、こういう時は気を付けないとな〜、と私も思いました。
でも2度も逮捕されながらも執行猶予で済んだのはやはり吉星のおかげだと思います。1度目は執行猶予で大体済みますが、2度目は財帛宮のところで「紫微」「フ羊」「地劫」です。これだけだと実刑になりそうな感じもしますが、この年限りで「紫微(化権)」となっているのと、命宮にもこの年限りの「陀羅(但しエネルギー高で良い意味に働き易い)」が入るのでエネルギーが高くなります。再び罪を犯してしまったが、良い方向へもっていってくれる、という感じです。

1989年正月の「ものまね紅白歌合戦」の「ご本人登場」以降、再ブレイクする様になりました。この年の運も父母宮です(正月は正確には前年の命宮のところの運だが、もうこの年の影響が出ていてもおかしくない)。また、この年限りで身宮(福徳宮)に貪狼に化権が付くので更にエネルギーが高まり、芸能界での地位を再確立する勢いといってもよいでしょう。

その後の活躍はご存知の通りだと思います。50代はピークで公私共に充実していたでしょうし、現在は昔ほどではないが、稼ぐエネルギーが運気的にあると思います。

後天運の身宮は福徳宮ですが、そういう方は仕事よりプライベートを重視する傾向がありますが、現在も積極的に仕事に取り組んでいます。「仕事=趣味」といったところでしょうか。

今回の事務所騒動ですが、伏線は60代になってからで、4年前からいろいろ表面化してきたと思います。10年間の運はこの年から遷移宮の運のところで、「七殺」「陀羅」「天空」です。4年前は財帛宮の運の年で、「紫微」「フ羊」「地劫」・さらにこの年限りで「フ羊」が入っています。また、今年までこの年限りの「フ羊」「陀羅」が入ったり、「破軍」「火星」といった衝突の星の年があったりして、ゴタゴタが続いてそうな雰囲気です。
「フ羊」「陀羅」良くも悪くも変動運「天空」「地劫」離れるという意味合いがあるので、今回の出来事を象徴している様な星です。

【9/11追記・書くべき部分が抜けていました】
また、官禄宮は「武曲」「天相」稼ぎは良いのですが、財帛宮にある「フ羊」「地劫」財産を減らしたり、問題が起きそうな感じです。入っても出ていくといったところでしょうか。これまでも盗難等があったり、金銭トラブルは過去にもあったそうなので、こういう類の事には巻き込まれやすい感じですね。

なぜ今年決着したかというと、運気がガラリと変わっているからです。上記で述べましたが、今年まではゴタゴタの運気で、来年からはエネルギーが高まったり、この年限りの星も吉星が入ったりするからです。また「陀羅(エネルギー高で良い意味に働き易い)」が、いい方向で終結させる事を物語っています。

この後しばらくは落ち着いて芸能活動にも専念できそうですし、もしかしたら今年か来年に紅白復活もなきにしもあらずでしょうか。
新曲も発売され、何にせよ来年は父母宮の運の年です。ここは過去にも様々ないい事を運んでくれているので非常に気になっています。そして「天乙夾命格」でもあるので、目上等の様々な助けもあるのでしょう。
とにかく、生みの母と育ての母にあたたかく見守られている事は間違いないでしょう。すでに他界されていて、多分行っているはずですが、手厚く供養していろいろ報告してあげると良いでしょう。

小林幸子さんはこの後もゴタゴタが続きそうですが、美川さんは無事解決する…と、人それぞれ運勢が違います。ちなみに小林さんもきっちりケジメをつければ復活できますよ(紅白復活も可能だと思います)

この2人を比較すると、小林さんは運気の浮き沈みが激しいです。あまりにアップダウンが激しいと生きていくのも大変なので、事前の対策といった事も必要です。
また、命盤を見る限りは、小林さんの人間関係の方も寂しさを感じます。こちらも美川さん方が慕われる、といった暗示出ています。やはり悪い暗示が出ていたら、そうならない様に人間関係には気を配っていくとか、お互いに信頼出来るブレーンを継続して持ち続けるといったことが重要です。

※ちなみにどちらの肩を持っているとか持ってないという事はありません、念のため※

運気の兆しはわかるので、良いところはどんどん活かして、悪いところはそうならない様にする事ができます。皆さんも運気の流れを知ってみて下さい。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!


        
生きる              金の月


posted by MYOGO at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

鑑定の実例 -小島弘章(コジマジック)さん-

こんにちは。相変わらず暑い日々が続いてますね。
暑いといえば、オリンピックも熱いですね。普段はあまりスポーツを見ないのですが、この時ばかりはついつい見てしまいます。そして仕事の手もついつい止まってしまって、やはり私ももれなく寝不足、という状態です。
運がどうだこうだ、というのは観戦していると忘れてしまいます。とにかく自分自身が納得のいく試合をやって頂きたいと思います。

今回は、小島弘章(コジマジック)さんを取り上げたいと思います。
昭和47年11月13日生まれ・生時不明 

若手時代は大阪で活動していましたが、現在は収納のアドバイスで知名度を上げました。
また、今年結婚をした彼ですが、今後の活躍はどうなのかちょっと見ていきたいと思います。

※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html

この方も命宮には主星がありません(これを命無正曜格といいます)。こういう方は、一般的には若年時苦労するといわれていますが、芸名等の本名以外の仕事をするのに適しています。本名を使っていますが、あだ名がついた形で仕事をするのも良いと思います。

若手の大阪時代では爆発的ヒットの時もあった様ですが、命無正曜格(さらに命宮に天空・反対側の宮にフ羊)なので、やはり芸人としてやっていくのにいろいろ苦労があったと思います。

命宮に主星が無いので、性格は反対側の遷移宮を見ます。「天同」「太陰」で、普段は社交好きのソフトで優しい人でしょう。ただ、フ羊と命宮のまわりにあるカッとなる星(火星七殺)でキレやすい一面もあるのはないでしょうか。

ただ、命宮のハーモニーより、疾厄宮の方が本質が出ていると思います。ここがちょっと飛び抜けているのです。「武曲(化忌)」「貪狼」「左輔(化科)」「右弼で、「貪武同行格(故郷を離れてチャンスを得る)」「左右同宮格(企画能力に優れて人助けが好き)」です。また、疾厄宮が強いと悩み相談にも向いているので、収納の困った、は打ってつけです。
また、なぜ収納なのかというと、命宮の反対側の「太陰」「フ羊」でしょう。不動産関係に適職がありますが、どちらかというと現場向きでしょう。
実際に家の設計も手掛けたい様ですが、いいと思いますよ。きっとアイデア盛りだくさんで快適な住まいになることでしょう。官禄宮の「陀羅」、反対側の「天機」「天梁(建物の梁)」も現場のアイデアとして良い星の働きをすると思います。

結婚されたお相手の方と出会ったのが2004年との事ですが、確かに出会うサインがあります。「天同」と「太陰」ですが、「天空」という離れていくサインもあるのが気になります。
2007年に付き合い始めた様ですが、その通りに間もなく別れたのではないでしょうか。「廉貞」「破軍」というあまり良くない組み合わせもあり、おそらく喧嘩が絶えなかった事でしょう。しかし、この年は助けになる様な暗示もありました。ラジオで悲惨な状態になっていることを呼びかけられてその後の復縁につながったところでしようか。この「廉貞」「破軍」10年間の運も表しているので、結構きつかった10年だと思います。しかし、新たなことも生み出す10年だったと思います。

2008年には復縁した様ですが、「陀羅がよい作用となり、これからいい変化を表してくれる暗示でしょう。また、これは来年から10年の運も表しています
2009年から収納アイデアの仕事が現実化していったことでしょう。実際2009年に東京進出しています。「天府」「禄存」というお金と実現の星が表しています。
その後の活躍はご存知のことだと思います。去年は結構よい1年だったのではないでしょうか。月収100万もこの年から出てきたことでしょう。

さて、今後の活躍ですが、どちらかというと晩年運の方だと思います。これから70代かけてピークを迎えていくことでしょう。2009年の星(50代)→遷移宮の星(60代)→疾厄宮の星(70代)と結構強いベースがあります。
一番近いターニングポイントは2016年あたりでしょうか。命宮の「天空」、来年から10年の「陀羅」という組み合わせで、今までやっていた事に何らかの区切りをつけてステップアップをし、新たなステージを迎える事となるかもしれません。これが50代からの活躍のベースになると思います。

結婚・家庭生活は、奥さんに任せておいた方がよいでしょう。夫妻宮の「天機」「天梁(化禄)」で、家庭をしっかり支えてくれます。ただ「地劫」が入っているので、いろいろ悩みも出てくるかもしれませんが、その時は2人でしっかりと向き合って欲しいと思います。
また、ここは身宮(後天運)を表すところです。多少依存的なところもあるでしょうが、官禄宮に主星が無いので、どちらも自分で立てていくのは難しいと思いますので、多少頼っても良いと思います。

そしてやはりお笑いではなく、どちらかというと商売向きだと思います。「武曲の財と貪狼の商売」>「財帛宮の太陽巨門(明るくてしゃべりが得意)」だからです。今後もお笑いは続けたい様なので、「"収納"時々"お笑い"」でやっていくとよいでしょう。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!





posted by MYOGO at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

鑑定の実例 -高嶋政伸さん・美元さん夫妻-

こんばんは。東北も梅雨明けして、日本全国夏本番!日中も暑かったし、今夜も熱帯夜…いい加減エアコンつけないと寝れない夜です。

今回は、高嶋政伸さん(昭和41年10月27日・生時不明)/美元さん(昭和54年6月6日・生時不明) 夫妻について述べたいと思います。

「月々109万が必要」「ホテルの部屋にに美元が侵入してた」…等、先日の裁判で衝撃的なエピソードが語られました。7/27に裁判を予定していましたが、9月に延期になった様です。

この2人はなぜ結婚したのか、また、裁判の行方はどうなっていくか、考えていきたいと思います。



※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●紫微占機(紫微斗数における卜術)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/280539660.html
●推時について
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/277803100.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html



まず、2人の命盤をそれぞれ見ていきます。

この夫妻の命盤の特徴といえるのは、基本的なところが全く一緒という点です。そういう人は初めて会った気がしないといわれてます。すぐに結婚を決意するのもうなずけます。ただ、ソウルメイトなら良いのですが、結婚となるとなかなか難しい関係です。

2人の命宮は「紫微」「破軍」で、どちらも育ちが良いが、それだけでは飽き足らないエネルギーをもっています。
※育ちがよいというのは「お金持ち」という訳では無く、普通の家でもきちんと育てられるという意味合いです。

父母宮は2人とも主星がありません。政伸さんの両親は仕事で忙しいのと、美元さんの母親が亡くなっているのがわかります。
また、政伸さんの兄弟宮に「フ羊」と「鈴星」(どちらも事故や事件に巻き込まれる意味がある)があり、ここから長兄が事件で亡くなったこともうかがえます。

夫妻宮は2人とも主星がありません。反対側の宮(官禄宮)の主星には「廉貞」「貪狼」があり、どちらも「芸能」の意味があるので芸能界での仕事には適していますが、「二次元」と意味があるので、どこかバーチャリティーというか結婚ごっこみたいな、あまり現実感を感じさせない様な結婚を感じさせます。
政伸さんには「化忌(悩み)」、美元さんには「天空」「地劫」(共に寂しさ)もあり、一層上手くいかなそうな感じがあります。
もともとの夫妻宮にも変動・行き詰り・壊れる様な意味合いの助星が入っています。

2008年に結婚をしますが、政伸さんの小限は「太陰(女性の意味)」で、出会って結ばれる感じがします。

美元さんにも「紅鸞」という恋愛星が入っているので、やはり結ばれるでしょう。そして「天鉞(目上)」という星があるので、政伸さんという年の離れた人と結婚した感じも読み取れます。

2010年に別居をします。政伸さんの小限「巨門(家出)」なので、政伸さんから出ていった感じがわかります。美元さんは「天姚(恋愛星)」があるのでまだ政伸さんに愛情があるのだが、「禄存(財)」という星があるので、実際にはお金と結婚してる様な状態が読み取れます。

そして今年は、政伸さんは「天同(化禄)」「天梁」「右弼」で、星はしっかりしていますが、「地劫(暗がり)」という星もあるので、明るい気分ではないでしょう。美元さんは「太陽(男性の意味)」「文曲(化忌)」で、夫に今迄になくいろいろ悩みが出ている姿があります。

次に裁判の行方です。直接二人が対面した、6/1 14:00 で盤を作成しました。

現状は「破軍」「陀羅」で、激しい感情がそんなに出ていないが、バトルしている感じです。
周辺環境も「紫微(化権)」「天相」裁判所の裁判官の雰囲気で、「天空(何かをなくすという意味)」で、「俳優生活を投げ打ってでも離婚したいという発言」「美元の事務所解雇」といったところでしょうか。
ハーモニーを見ても、昼ドラの様なドロドロとバトル、いったところが見えます。

離婚したいという原因は、報道等を見ていてもやはり美元さん側に原因があると思います。「天同(交際)」「文曲(芸能)」「禄存」「天馬(移動)」「紅鸞(これも交際)」で、あちこち出歩いて、金は夫から出させて家事等は一切やらない、という状況ではなかったでしょうか。

まだまだバトルは続きそうです。近い将来は「火星(バトル)」のみで、その反対側は「天機(頭脳)」「巨門(法律)」で、一審で離婚出来ない判決に至ったら控訴、といった頭脳戦が繰り広げられる可能性が結構高いです。

最終的に離婚は成立しそうです。「フ羊」スパッと状況が変わる感じと、「天府」という星でホッと出来るイメージがあるので、お互いにどこか心は落ち着くと思います。ただお金は大変そうです。「武曲(化忌)」で、多額の出費がありそうです。慰謝料として政伸さん側が出す事になるのでしょうか。官禄宮や財帛宮(命宮のハーモニー)にもパワーを感じられません。

さて、離婚出来るのはいつでしょうか?

おそらくこの裁判は長引きそうです。2016年〜2017年といったところでしょうか。丁度政伸さんのパワーが回復する兆しと、美元さんのパワーがダウンする兆しがクロスするところなので、政伸さんの願いが叶うのはこの時期かな、と感じたからです。

ただ政伸さんは結婚離婚含めて一番大変な時期です。大限(10年間の運)が一番エネルギーの低いところだからです。これらを乗り越えて俳優として素晴らしい活躍を見せて頂きたいです。

美元さんはそれほど大きいダメージはなく推移していくことでしょう。但し、12年後あたりからでしょうか、政伸さんと同じくエネルギーの低い期間が来ますので、いろいろ気を付けて頂きたいと思います。その時期は学問やスピリチュアル関係が良いのではないでしょうか。「天空」「地劫」にその意味があります。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!

                               
HOTEL セカンドシーズン DVD-BOX <第2シリーズ>   ダブル★キッチン

※今回は自分が好きだったドラマを取り上げました。在庫はご確認下さい。
今、地上波で再放送やっても視聴率取れるんじゃないのかな・・・?


↓続きがあります↓「続きを読む」という表示がありましたら、そちらをクリックして下さい。

続きを読む
posted by MYOGO at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

鑑定の実例 -消費税と今後の政局-

永田町と霞ヶ関では、「税と社会保障の一体改革」ということで、まず消費税増税法案が衆議院で可決されました。そして民主党から50人超の反対票が投じられ、7/11に小沢一郎さんを中心に民主党を離党した49人で「国民の生活が第一」という新党が結成されました。

そこで今回は「消費税は増税されるのか?」「小沢新党は政権を奪取出来るか?」といったテーマで鑑定していきたいと思います。鑑定には「紫微占機」を使用していきます。


※記事をご覧頂く際には、下記の記事もご参照下さい。
●紫微占機(紫微斗数における卜術)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/280539660.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html


◆議論の打切◆

まず、民主党内での消費税法案の党内調整の時から。6/19 22:00頃に前原政調会長が一方的に「一任」を取り付けて議員の懇談会を一方的に打ち切りました。その時の状況はどうだったのでしょうか?この盤は執行部側からの観点で見ていきます。

現状(命宮)は「天相…組織の星」しかありません。増税法案成立に向けて、組織をいかに束ねていくか、という事で頭が一杯だったと思います。
その反対側の環境(遷移宮)は「紫微…大組織(化権…権力)」「破軍…増税反対派」「火星…対立」「天刑…冷酷」「封誥…行き詰り」とあります。
官僚・財界・大メディア・外国…といった既存の権力の願いと、それを阻止しようとしている増税反対側との対立の構図、行き詰って冷酷に打ち切り、という様に、増税賛成派と反対派の対立・これ以上会合を重ねてもまとまらない、といった環境が読み取れます。

また「天相」は目上に好かれるという意味もあります。それが「父母宮」にもあらわれています。「父母宮」には目上という意味もあるからです。「天同…人当たりが良い」「天梁(化禄)…リーダーから財が入る」「左輔(化科)…サポートされることで更に名声」という様に、既存の権力のいうことをきいている方が心地がよい事が現れています。

一方的に打ち切った結果(身宮)は「廉貞…陰謀の意味合い」「貪狼…欲望の意味合い」で、様々な思惑が飛び交っていて、魑魅魍魎(ちみもうりょう)といった感じです。
そして「天姚」「天喜」といった人気星と、「天魁…神という意味があります」も入っていて、国民のこの問題への関心の高さと、"神様はみている"という雰囲気を感じました。

◆消費税採決◆

次は消費税採決です。6/26 13:00頃から本会議が始まって、記名投票で採決されました。
命宮は「武曲」「破軍」反対派の戦うという意志、遷移宮は「天相」で粛々と成立させるという対立の構図がみえます。そして遷移宮の「天鉞」の「守る」という意味合いで、"法案は通る"というのと、両宮にある「紅鸞」「天喜」「天姚」という人気星で、"国民の注目の高さ"もうかがえます。

本当に財源が無いかどうかを見ますと、やはりそうでも無い様に盤から感じ取れます。
税収をあらわす官禄宮の「紫微(化権)…お金がある感じ」「貪狼…財が回る」「文昌」、固定資産をあらわす田宅宮の「天機」「太陰…土地の意味がある」吉星が多いのと、流動資産をあらわす財帛宮は「廉貞…陰謀→隠し財産」「七殺…甘えられない」ですが、両脇を「左輔」「右弼」というサポート星で挟まれているので、有り余る程潤沢ではないと思いますが、国家の財政はまだまだ余裕があると思います
そして背景の父母宮「太陽…公明正大」「フ羊…破壊」で、増税に関しては大義が無い様に感じます。

そして結果(身宮)は「天府…神様に祝福された星」「天刑…冷酷に切り捨てる」とあります。この後反対票を投じた方は離党しますが、「天府」は何を物語っているのでしょうか?神様は一般的に、良い事には褒め、悪い事には罰する、というイメージがあります。はたして賛成派と反対派のどちらに微笑んでいるのでしょうか…。

◆離党届提出◆

続いては、小沢さんを中心に集団で離党届を提出した盤です。7/2 12:30頃です。
その時の状況(命宮)は「天同」「太陰」です。どちらもガツガツとしたイメージは無く、自分たちの理念に向かって頑張る姿が読み取れます。
ただ「フ羊」が入っていて、これは不安定さがあるので、まだ盤石ではない状態を表しています。反対側の遷移宮は「右弼」しかありません。それなりに支持はあると思いますが、まだまだといったところでしょうか。

盤全体を見回しても、吉星と凶星が入り乱れています。小沢グループでも民主党に残留した人たちや、離党届を撤回した人等、当初の人数を下回ったことからも、不安定さが読み取れます。

結果の身宮も命宮と同じです。周りでゴタゴタがあっても理念は突き通す意志がわかります。

◆新党結成◆

さて、最後に「国民の生活が第一」という新党の結成集会を開いた、7/11 18:00の盤を見ます。
現状の命宮・そして環境の遷移宮は、先程の盤の命宮に入っていた「天同」「太陰」です。一貫してブレていない様に感じます。

政党を維持していくには「所属議員」と「支持者」と「資金」が必要です。

所属議員は、兄弟宮をみます。同僚仲間もここで見るからです。「紫微(化権)」「天府」といったいい星があるのと「左輔(化科)」サポート力でいい仲間に恵まれると思います。コアな支持者もここでみていいでしょう。
「地劫…離れる」という星があって、若干離反者も出るのでしょうが、吉星のパワーが強いので結束は固いと思います。近い将来もここですので、新党に参加する議員も増えてくると思います。

支持者は奴僕宮でみます。どちらかというと無党派層・メディアでしょうか。「七殺…甘くない雰囲気」「天空…縁が薄くなる」で、何とも歓迎ムードではないですね。
いまだにマスコミはこの新党を叩きまくっているし、そういう報道が続くから無党派層もそういう雰囲気に流される、といったところでしょう。

資金は、財をあらわす「官禄宮」と「財帛宮」は吉星だけで、また、命宮とのハーモニーをみても悪くありません。それなりに寄付も集まってくるでしょうし、汚いお金をつかまされる事も恐らく無いと思います。
ただ、不動産運の田宅宮「フ羊…周りかわ転ばされる」が入っているので、不動産はこれまでの経緯もあるので慎重になった方がいいでしょう。

結果の身宮は「天同」「天魁」です。周囲の雑音はあるのでしょうが、とてもいい感じで新党は進んでいくのではないでしょうか。ただ、「天同」は詰めが甘い、という意味があるので、気を引き締めて党運営にあたって頂きたいと思います。

◆結論◆

私の結論としては、消費税問題は途中で頓挫すると思います。盤を見ても「小沢新党>民自公」と感じるからです。
国民の6割が消費税に反対しているし、原発の再稼働も反感を買っています。その他の政策も国民の方を向いていないし、潜在的にはかなり政治に対して不満が渦巻いてるはずです。
小沢一郎さん自身も、来年は開運期と出ています。今度は小沢さん自身が目指している「国民の生活が第一」を築き上げるのではないでしょうか。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!

posted by MYOGO at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

紫微占機(紫微斗数における卜術)

こんにちは。久々の更新です。

更新の時はいつも九州で大雨…今日も「今まで経験のした事の無い大雨」と気象庁から発表がありました。
まだ雨が降り続きますので、気をつけましょう。

タイトルに「卜術」と書いてありますが、紫微斗数の命盤においても「タロット」や「易」等と同じく卜術として使う事が出来ます。
タイトルの「紫微占機」は「しびせんき」と読みます。

主に、

○現状(命宮)
○周囲の環境・相手の気持ち(遷移宮)
○原因(父母宮)
○近い将来(兄弟宮)
○最終結果(身宮)

を使っていきます。

必要に応じて恋愛の事なら「子女宮」、仕事の事なら「官禄宮」、といった宮も読んでいきます。

「今後の恋愛の行方は?」とか「今度の取引はうまくいくか?」といった具体的な相談事から、事件・事故やニュース等、何か出来事が発生した時間で今後を占う事が出来ます。

また、生まれた時間がわからない方にも有効な占術です。

相談を依頼された時間には「本人の気持ち」、何か発生した時間には「その時の"気"」が込められています。不思議と盤とその時の状況が一致しているものなんですよね。
そして時間というもので出しているので、タロットカードで占う時の様に、占う側のコンディション等に左右されることが無く、より客観的に鑑定する事が出来ます。
また、実際に鑑定の依頼をされた時間で命盤を作成しても、本人の命盤と似通っていたり、気持ちがよく反映されていたりします。

今後、紫微占機を使った占術も紹介していきますので、お楽しみに!
 
↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!

posted by MYOGO at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

鑑定の実例 -小林幸子さん-

東京は梅雨の中休みが続いていますが、いまひとつすっきりしないですね。でもさほど暑くならなくて過ごしやすくていいですけど。

いよいよ鑑定の実例に入っていきます。

第1弾は、歌手の小林幸子さん(昭和28年12月5日生まれ・生時不明)を取り上げてみたいと思います。

昨年婚姻届を出し、公私共に充実しているかと思いきや、今年4月の社長解任騒動。

6/27に会見を行って小林さん側は和解したと発言していますが、前社長側は和解ではないと主張していて話は平行線になっています。
この騒動が収まるのはいつなのか、今後の歌手生命はどうなるのか、今後の動向を見ていきたいと思います。

小林さんは他の方も取り上げていますが、私の見解をお伝えします。

※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html

ます、小林さん自身はどうかちょっと見てみたいと思います。

小林さんの命宮には主星がありません(これを命無正曜格といいます)。こういう方は、若年時苦労するといわれています。

華々しくデビューしたものの、長年にわたる不遇の期間があった事を物語っていると思います。また、命宮には「天空」という寂しさを表す星があるのと、10代を表す宮も主たる星が無く、心理的に寂しさと行き詰りを感じる雰囲気を感じさせます。

命無正曜格の場合は反対側の宮の星を命宮と見立てます。「天同」「太陰」という2つの星があり、「天同」は人気「太陰」は芸能の意味があり、「禄存」という財の星・「化科」という有名になる星も入っているので、歌手という仕事はもともと適職だったと思います。

仕事を表す官禄宮に人気星の「紅鸞」「天姚」、財を表す財帛宮に光(スポットライト)を浴びる意味のある「太陽」口という意味のある「巨門」の2つの星があります。命宮と合わせて考えてもやはり今の仕事は適職、というか天職と言ってもいいでしょう。

一般の人にあてはめるなら、女性向けのキレイでカワイイファッションや小物等の販売・営業一般・法務・医療関係・IT・美容エステ何かが良いかと思います。
 「紅鸞」「天姚」 が可愛いという意味がありますし、「天同」は交際上手・「巨門」はおしゃべりや法律・「太陽」は商売仕事・「天機」はコンピュータや情報関係・「天梁」は医療という意味合いがあるので、そこから連想してみました(「天機」「天梁」は官禄宮に主星が無いので反対側の夫妻宮から見立てました)。

ちなみに「命宮」「官禄宮」「財帛宮」の合わせて3つを「(命宮の)三合」と呼び、自分自身を見る時によく使います。

小林さんと夫の林さんが知り合ったのは2005年頃と発表されています。大限(10年毎の運)が官禄宮、すなわち「紅鸞」「天姚」のところに入ったあたりからそういう人に出会うという暗示が出ています。恋愛結婚の意味もこれらの星にはあります。

ちなみにそれ以前は恋愛に関してあまりいい星が無かったので、なかなかいい出会いに巡り会いにくかったのではないかと思われます。可能性があるとすれば、20代後半〜30代前半の大限ではないでしょうか。その宮に主星はありませんが、対宮の太陽がポイントになります。男性(に巡り会う)という意味があるからです。

情報によると、実際に出会ったのは2001年とあります。ここの小限(毎年の運)を見ると「左輔」「右弼」の2つの星があります。どちらも縁に引き付けられるという意味があり、2つ一緒に入っているのでさらにその意味が強くなります
翌年の2002年も「天同」が入っており、これも交際という意味があります。なので、恐らくこの時期に出会ってお付き合いも始まったのでしょう。

しかし、結婚の時期はまずかったと思います。「廉貞」というくせのある星「破軍」という暴走する様な星が去年の小限にあります。ちょっと運気的にも下がる年でもあり、周りの意見も聞かずに結婚したという感じがここから取れました。

そして、今年の小限は「火星」で感情のぶつかり合いという意味があります。主星が無いので、反対側の宮を見ると「太陽」と「巨門」があります
「太陽」は正義という意味がありますが、太陽は明るく地球を照らすので、小林さんと社長のどちらが正しいのか白日の下にさらされる、といったところでしょうか。
「巨門」は法律やゴタゴタという意味があります。なので、お互いに弁護士を立てて話し合っているという状態がこの宮からもわかります。

さて、これからどうなるか、というところですが、この後も苦しい展開が続くでしょう。

来年・再来年も小限に主星が無く、来年は「封誥」といって、影響力は小さいのですが、行き詰りや引きこもりといった心理的作用が出て来るかもしれません。
再来年は「天空」で、何かを犠牲にしたり手放すという意味もあります。その再来年がキーポイントとなると思います。

先程も述べましたが、小林さんの官禄宮は主星がありません。夫妻宮の主星は「天機」「天梁」、「天機」のコンピュータという意味と、「天梁」の医療という意味から、医療関係会社を経営している夫の姿をよくあらわしています。
そしてもうひとつ「地劫」という星があり、これにも犠牲という意味があります。
すなわち、一般的に結婚したら仕事を辞めて家庭に入るとか、仕事をバリバリ続けるなら子供はあきらめる…といったところでしょうか。

ここで何を言いたいのかというと、結婚か仕事かの取捨択一を迫られる場面必ずやってきて、最短で再来年の可能性があるという事です。

どちらか一方に主星が無いと、両立は難しいと思います。結婚前は夫妻宮の主星を使って仕事をしてきたはずです。それが結婚したら本来の婚姻の意味合いで使わなければならず、さらにここが身宮(後天運)を指すところなので、余計にそうなります。

芸能界をきっぱり引退して社長夫人として収まるのか、離婚をして前社長に頭を下げてもう一度マネジメントをしてもらうのか…。

あとは本人の気持ち次第というところでしょうが、命盤から鑑定すると、夫妻宮の「地劫」という犠牲の星が気になります。
結婚生活そのものが犠牲になる、すなわち引退しても離婚をしてしまう可能性があるという事です。あるいは婚姻生活が長く続いても耐え続けなければならない事があったりする可能性だってあります。

一度浴びたスポットライトは忘れられないといいますし、長年大物芸能人として活躍してきた人が家庭の器に簡単に収まるか、というのもあります(もちろん山口百恵さんの様な例もありますが)。

私の導いた結論と致しましては、芸能界でこれからも長く仕事が出来る様に、いろいろと手立てを打った方が良いと思います。プライベートが犠牲になってしまうところもありますが、仕事関係の星の配置やバランスが良いので、芸能界で活躍し続ける方が心身ともに充実するかと思います。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!


以上、第1弾の鑑定でした。次回もお楽しみに(^.^)

    
蛍前線          茨の木

【追記があります】
「続きを読む」という表示がある場合はそちらをクリックして下さい。


続きを読む
posted by MYOGO at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

推時について

紫微斗数の命盤は「生年月日+生まれた時間」で作成しますが、生まれた時間が分からない場合があります。
ホロスコープでは12:00で鑑定したりしますが、紫微斗数では時間によって大きく命盤の配置が異なるので、こういったやり方を採る事が出来ないのです。

そこで「推時」といった、生まれた時間を推測する方法をとります。
生まれた時の環境・現在の仕事・これまでの人生等をきいて、この時間だろうという命盤を選択します。

私が紹介する実例でも生まれた時間が不明の為、推時で作成している命盤があります。
推時の際は出来るだけ情報を集めて、出来るだけ正確な時間を出す様に心がけますが、私の推測した時間と、実際に生まれた時間が異なる場合があるかもしれません。予めご承知おき頂ければと思います。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!

posted by MYOGO at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

紫微斗数について(その3)

さて、本題の紫微斗数のお話です。今日は「実際の鑑定の仕方」です。

先天運

紫微斗数も、ホロスコープや四柱推命と同じ様に、出生日時を元にします。これをもとに「命盤」と呼ばれるものを作成し、生まれつきの特徴・性格・容姿等を鑑定します。例えばどういう人物かは「命宮」親との関係なら「父母宮」という様に、「その1」で紹介したものを見ていきます。

運勢

もちろん先天運だけでは終わらずに、運勢も見ていきます。運勢を見ていくには、主に以下のものを使用していきます。

☆大限(たいげん)…10年毎の運勢
☆小限(しょうげん)…毎年の運勢

命宮・兄弟宮等12の全ての宮に順番に巡り、宮の中の星の象意をあてはめて鑑定していきます。
同じところをぐるぐる回るから、同じ小限となる12年後も同じ運勢だろう、と思われる方もいらっしゃいますが、10年後なら大限の位置も違うし、様々な星の関わり合いから、10年後も同じ運勢とはなりません。そして「その1」でも紹介した、後天運をあらわす「身宮」も使います。

その他

また、実際の鑑定では「単にキーワードを当てはめる」だけでなく「キーワードから派生・連想を」していきます。星同志の関わり合いでも読み方は変わってきます。
例えば紫微なら「王様」「礼節」から、社会的な目があるからきちんとしていなければならない…そこから疲れてしまって「息切れをする」といった様に。

そして、吉星でも凶兆と捉えたり、逆に凶星でも吉兆と捉えたりする事もあります。タロットカードの正位置と逆位置といったところでしょうか。
「その2」の補足にもなりますが、主星の吉凶の区別をここに記しておきます。

☆吉星…紫微・天機・太陽・武曲・天同・天府・太陰・天相・天梁
★凶星…廉貞・貪狼・巨門・七殺・破軍

私の鑑定は「ただ結果を述べるのではなく、なぜそうなるのか」というのも合わせてお伝えしていきたいと思っています。今後の人生でにおいて役立てて頂きたいので、そこはしっかりとお話をしたいと思います。
他の方に占ってもらったが、疑問が残ってしまったり、納得がいかなかった方も是非鑑定にいらして下さい。お待ちしております。鑑定方法や時間等、詳しいご案内は、パイン・フューチャー・クリエイティブのホームページへお越しください。http://pine-future-creative.net/

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!

posted by MYOGO at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

紫微斗数について(その2)

今日は台風一過ですが、いかがお過ごしですか?蒸し暑いですね〜。まだ台風が運んで来た熱気が居座っていて不快…。夏に向けてこういう日が多くなると思うとうんざり。

それにしても昨日の台風はすごかったですね。東京は暴風域に入る事はそれ程多くはないのですが、暴風域に入った数時間は凄まじかった…。所々被害が発生したり、交通機関も大きく乱れましたけど、大丈夫でしたでしょうか?

私は個人的な予定がありましたが、早々に切り上げて早々に自宅に。でも、そうしてよかったです。もしかしたら電車が止まって立往生する可能性があったからです。

さて、今日は昨日の続きで「主星と助星」についてご紹介していきたいと思います。

主星

主星は14個あります。「主」という通り、運を形成してゆく基幹の要素となります。

☆紫微(しび):王様・高貴・礼節・伝統
☆天機(てんき):知識・情報・学術・コミュニケーション
☆太陽(たいよう):男性・父性・博愛・正義
☆武曲(ぶこく):武人・財政・金融・金属
☆天同(てんどう):交際・社交・友愛・温厚
☆廉貞(れんてい):仕事・政治・陰謀術数・芸能
☆天府(てんぷ):包容・安定・禄財・共感
☆太陰(たいいん):女性・母性・クリエイティブ・繊細
☆貪狼(たんろう):欲望・性愛・ラテン・芸能
☆巨門(きょもん):弁舌・法令・外出・交通
☆天相(てんそう):組織・地位・礼節・食糧
☆天梁(てんりょう):リーダー・筋が通る・長寿・医療
☆七殺(しちさつ):独立・闘争・負けず嫌い・甘えが無い
☆破軍(はぐん):破壊・改革・ベンチャー・移動

助星

助星は甲級から戊級までランクがあって、数も沢山あります。その中でも甲級や乙級といった、影響力が大きい星を中心に使います。影響力の小さい星でも心理的状況を推し量るのに使ったりします。ここでは主な助星をご紹介します。

★火星(かせい)・鈴星(れいせい):情熱・瞬発・闘争・スポーツ
★フ羊(けいよう)・陀羅(だら):衝撃・変動・頑固・多大な労力
★文昌(もんじょう)・文曲(もんごく):文化・学術学問・芸術芸能・メディア
★禄存(ろくぞん):地位・経済・財産・成功
★天魁(てんかい)・天鉞(てんえつ):援助・引き立て・目上・社会的権威
★左輔(さほ)・右弼(うひつ):縁・包容・サポート・親友
★天空(てんくう)・地劫(ちごう):損失・空想・インスピレーション・学問
★紅鸞(こうらん)・天喜(てんき):恋愛・性愛・人気・芸能
★天姚(てんよう):趣味・色気・美意識・芸能

化曜星

単体で配置されるものではなく、特定の星に付く星です。「化ける」という意味から付く星の意味合いが変わってきます

☆化禄(かろく):経済・財産の意味合いが加わる・強まる
☆化科(かか):名声・有名の意味合いが加わる・強まる
☆化権(かけん):地位・権力の意味合いが加わる・強まる
☆化忌(かき):トラブル・悩みの意味合いが加わる・強まる

ここまでが星のご紹介です。実際の鑑定については次項で。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!

posted by MYOGO at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。