FRONT −ようこそMYOGO’sBLOGへ−
126.114.42.209.jpg

【広告や商品情報について】
占いやスピリチュアル、又はそれに準ずるものが出てくる場合がありますが、これは運営会社側のシステムの都合上のものです。MYOGOやパイン・フューチャー・クリエイティブと関係はありませんのでご了承下さい。
※但し、fortune salon NEW MOONと紫微斗数書籍関連は除きます。




   
   

2014年03月22日

鑑定の実例 -タモリさん-

今回はタモリさん(1945/08/22生まれ 生時不明)を取り上げたいと思います。

まもなく「笑っていいとも」も終了し、そのいきさつや今後、また、紫微斗数でタモリさんを鑑定した事例をあまり見かけないので、ご紹介してまいります。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について

http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/277803100.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

タモリさんは明珠出海格で表せると思います。「趣味が広く、学識・好奇心もあって、才能も溢れて社会的名声を受ける」とありますが、少し凶星が関わって来るので破格(才能があっても発揮出来ない場合有り)になります。でも影響は少なく、テレビ等では放送出来ない事が破格にあたる様な感じがします。

命無正曜格の為、命宮に主星はありませんが「天姚」「寡宿」が入っています。人気者だったり可愛がられたりしますが、それでもひとりでいたり自分の時間を大事にする、といった事が出ています。

反対側(遷移宮)は「天同」「巨門」で、興味や考え・交友範囲も独特なものがあったりする事が窺えます。人間関係ではこの2つの組合せはトラブルを起こしがちなのですが、命宮のハーモニーにも「封誥」「孤辰」といった、ひとりでいる意味合いの星もあるので、深く人間関係に踏み込まなかった様に思います。現に自ら揉め事を起こしたという話も聞いた事がありませんし。
ただし、移動旅行運は良くないでしょう。旅先で事故やトラブルに巻き込まれやすい暗示があります。実際事故を起こしたり、怪我で片目の視力低下・ゴルフ場でもあわや左目失明危機の怪我をしたり…(目の怪我は財帛宮の「太陽」「天刑」「封誥」でしょう)。
いいともが終了すれば、行くところも増えるでしょうから、どうかあまり気を抜き過ぎず、ある程度の注意は払って頂きたいです。

友人関係には恵まれたと思います。兄弟宮は「紫微(化科)」「紅鸞」で、紫微斗数から見ても人気者で誰からにも好かれる事が読み取れます。「化科」ですから有名になるという意味があります。まさしく知り合った人に引き立てられてここまで来れる素質があります。

夫妻宮は「天機(化禄)」「文曲」です。あまり夫婦の話題が出てきませんが、お二人は仲は良さそうです。家庭内でも会話があり、もしかしたら共通の趣味もあるのかもしれませんね。

子供がいたら、やんちゃな子でしたでしょうね。子女宮が「七殺」「右弼」「フ羊」「火星」で、武道なんかをやらせたら、いい成績を残せる様な感じがします。
また、あまり恋愛向きの星ではありません。命宮のハーモニーから見るとあまり積極的な感じでは無いので、今の奥様は「この人なら結婚してもいい」という前提で初めお付き合いしたのでしょう。

官禄宮は「太陰(化忌)」「鈴星」「孤辰」で、エネルギーも高くありません。が、ひとりである種屈折した芸を見せる事が「適職」だったので、財帛宮も大きく開花しました。

財帛宮は「太陽」「天梁(化権)」「禄存」で、自分で道をつくりあげ、ご存知の様にものすごい額の財産があります。

また、剣道や居合をやっていたそうですが、命宮のハーモニーに「鈴星」「天梁」にスポーツという意味合いがあり、体力も強い方だと思います。

田宅宮は「廉貞」「天府」「左輔」「天空」で、確かにいいお宅にですが、財産形成に興味があるかというと、あまり無い方でしょう。

父母宮は「破軍」「天鉞」で、家庭環境が複雑なのと、両親の離婚で義理の祖父母(?)に育てられるといった、何となく星の意味合いと合っている様な感じがします。命無正曜格でもあるので、多感な頃は人には言えない様々な事もあったと思います。

疾厄宮は「武曲」「天相」「陀羅」「天馬」で、特に悪いところは無さそうですが、何か落着きの無さを表している気がします。

後天運(身宮)は福徳宮で「文昌」(反対側の「太陽」「天梁」)で、自分の好きな事だけして生きていこうといった感じが読み取れます。
20代〜50代(特に40代)は、レギュラーが何本もあって大活躍してましたが、60代に入って段々出演する番組が減ってきました。自分を取り巻く環境も変わってきたのでしょう。
60代の運は「天同」「巨門」です。それ迄はプロダクションの稼ぎ頭としても頑張って来たのでしょうが、2007年頃から本格的に芸能界の一線を退きたいと強く思って来たのだと思います(天空⇒空劫に挟まれ⇒地劫)
そして2011年には、表には出ていないけど、決定的なゴタゴタがあった様な感じがします(60代の運と2011年の運が重なる)。このあたりで「いいとも」終了の話も出ていたと思います。
身宮が福徳宮の方は引退願望が強いと言われてます。本当なら、稼ぐだけ稼いだらもっと前に第一線から退きたかったのだと思います。
各所様々な調整の末に2014年3月末に「いいとも」終了となるのでしょう。「いいとも」に行きたくない日は一日も無かったとか言ってましたが、本人はそうでしたでしょうが、周りがいつまでもそれを許したかというと、そうでもない感じがするのは気のせいでしょうか(ここ最近は常に打ち切りの噂や視聴率の割にはギャラが高過ぎるという話題もあがってましたし)。

でもようやく身宮の生き方が出来ると思います。仕事も好きな事だけをし、プライベートも思い切り充実させ、テレビからは屈託の無い笑顔で、見ている方も楽しませて頂ければ、と思います。
個人的には「密室芸」や「今夜は最高」でやってた様なのも見たいです。ゲストを呼んで「大人のトーク番組」というのも興味をそそられます。

70代は燃え尽き症候群に気を付けて欲しいです(この時の10年の運に地劫がある)。でも、もしかかったとしても、すぐに回復しそうな気がしますが…。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓




posted by MYOGO at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。