FRONT −ようこそMYOGO’sBLOGへ−
126.114.42.209.jpg

【広告や商品情報について】
占いやスピリチュアル、又はそれに準ずるものが出てくる場合がありますが、これは運営会社側のシステムの都合上のものです。MYOGOやパイン・フューチャー・クリエイティブと関係はありませんのでご了承下さい。
※但し、fortune salon NEW MOONと紫微斗数書籍関連は除きます。




   
   

2013年03月01日

鑑定の実例 -マツコ・デラックスさん-

久々に鑑定の実例を取り上げたいと思います。

今回はマツコ・デラックスさん(1972/10/26生まれ 生時不明)です。


※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/277803100.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html


命宮は「武曲」「破軍」です。「武曲」の人はよく声が通ります。そして大柄な体格にもなりやすいですし、働き者でもあり、現実主義者です。「武曲」だけだと昔の男性の理想像(男は黙って…)という様な感じですが、「破軍」が入るので雰囲気が変わります。「破軍」口ゲンカといった感じでとにかく自分の意見を主張します。必ず「天機」が支合(点対称)で入るので頭がいいです。そして無から有を生み出す能力もあります。
今のテレビでの活躍を表しており、無から有を生み出すのも、女装が単なる色物ではなく、それなりの地位を築き上げた、といった事が言えるでしょう。
「武曲」と「破軍」の特徴がわかりやすく出ているかな、と思います。

そしてマツコさんがいつも言っているのが「幸せを感じた事が無い」という発言です。それは命宮に「化忌」が入り、命宮を「天空」「地劫」が挟んでいる事が理由でしょう。
「化忌」が常に悩んでいる「天空」「地劫」が幸福感が漏れ出ているという意味合いからです。また、挟んでいるのが父母宮と兄弟宮、大限(10年間の運)も「化忌」⇒「天空」なので、育った環境がそうだったのか、悪くなくてもそういう心境を常に抱いていたか、環境が合わないと思っていたのかもしれません。

そして25歳あたりから大限が変わり、そういった事から抜け出せそうな感じもしますが、そうもいかない様に読み取れます。
身宮(後天運)が夫妻宮で、夫妻宮は自分のところではないので、自分のやっている事に自信を感じず、依存的な傾向もあります。
「紫微」「貪狼」(無主星なので反対側の宮)なので、仕事は仕事としてきちんとやっていくが、これでいいのかな、と常に疑問に思っているはずです(これも結構発言している)。

さて、今後はどうなるか見ていきたいと思います。

現在は適職をなさっていると思います。命宮の「文昌」・官禄宮の「文曲」ライター・芸能関係官禄宮の「貪狼」も当てはまる)、遷移宮の「禄存」外に出る事で収入を得られ、命宮の「天鉞」・身宮の「天魁」目上に引き立てられ、官禄宮の「化権」で芸能界での地位を確立し、官禄宮の「天喜」「天姚」、夫妻宮の「紅鸞」仕事では人気者になる、といったところでしょうか。

そして「天喜」「紅鸞」「天姚」の3つの星が反対側の宮でつながっているので、仕事上でいい人に巡り合って結婚…というのがわかりやすいパターンですが、夫妻宮と子女宮に主な星が無い(意識が行きずらい)のと、仕事以外はほとんど外出しない(本人曰く・これも命宮周辺の「天空」「地劫」「化忌」が影響する)ので、いい感じになる方はなかなか出て来づらいかも知れません。欲しければ深く意識して積極的に動かないと出来ないです。
また、交際の「天同」「地劫」・男性の「太陽」「天空」(ゲイなのでこちらで恋愛対象を見る)、その他出会いがありそうな星にも凶星が同居しているので、チャンスが少ないのと、出会ったとしても何かしらの悩みやトラブルが起こる可能性があるというのもあります。なので上記の通り「欲しければ積極的に。しかしやみくもではなく、慎重に見極める事も必要」となります。

実はマツコさんにとって、最も適している職業があります。それは「占い師」です。
命宮に「化忌」が入り、命宮を「天空」「地劫」が挟んでいます。悩み・スピリチュアルの星が固まっているのでまさにうってつけです。そして過去の様々な経験や考えた事・人々を魅了する発言もそうです。また、疾厄宮のエネルギーが高いです。これも悩みに関する仕事に適していると言われてます。
官禄宮の「紫微」「貪狼」が、きちんと現実的に出来るのと、自分でプロデュース出来るので、著作と相まってこれだけでも仕事が成り立ちそうな感じです。
叱ってもらいたい願望がある方も結構いるので、厳しくも愛のある占い師として脚光を浴びるのは間違いないでしょう。
ただ、官禄宮の現実さ、というのがそういうのにあまりのめり込まない、といった傾向が出て来るので、こういう仕事は多分しないといった見方も出来ます
でも、今のうちから勉強しておくと、今後の人生で絶対役に立つはずなので、是非勉強して頂きたいです。
*963
そして今後ですが、エネルギーが高いので比較的大きなダメージも無く人生を送れるでしょう。ただ、50代後半〜60代前半はエネルギーが下がるので注意が必要です。
「巨門」がエネルギーが低く配置されているので、スキャンダル・醜聞・トラブル・法律問題といった事が発生するかもしれません。また、命宮の「化忌」にもそういった意味合いがあるのでなおさら注意が必要です。
また、この頃のエネルギーはものすごく低くはないのですが、エネルギーが高いところから急降下しているので、これも気になります。
何かしらのアクシデントが起こってもおかしくないので、この期間に入るまでに備えが必要と思われます。

また、あの体型なので健康問題を心配されるかと思いますが、一病息災で案外体が丈夫だったりします。
疾厄宮のエネルギーが高いと病気になりにくかったり、なったとしてもすぐに良くなったりします

上記の悪い期間を除けばさほど悪くない人生と思われますので、何かしら仕事以外の楽しみをつくると楽しい人生になると思います。趣味を表す福徳宮も悪くないですよ。特定のパートナーを見つけて一緒に住むのも良いと思います。どうしても仕事に目が行きがちですが、こうする事で人生の幅が広がります。

マツコさん、もしこの記事をご覧になりましたら参考にしてみて下さい。「うるせぇ!!大きなお世話なんだよ!!」と叱られちゃうかな…。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓


           



posted by MYOGO at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。