FRONT −ようこそMYOGO’sBLOGへ−
126.114.42.209.jpg

【広告や商品情報について】
占いやスピリチュアル、又はそれに準ずるものが出てくる場合がありますが、これは運営会社側のシステムの都合上のものです。MYOGOやパイン・フューチャー・クリエイティブと関係はありませんのでご了承下さい。
※但し、fortune salon NEW MOONと紫微斗数書籍関連は除きます。




   
   

2015年10月03日

鑑定の事例 -川島なお美さん-

今回は川島なお美さん(1960/11/10 19:48 名古屋出身)を取り上げたいと思います。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

胆管がんで先日亡くなったので、亡くなった原因や他の事も含め、私なりに命盤を解釈していきたいと思います。

普段の鑑定では健康である事を前提にしているので、健康運はお客様からご要望が無い限りはそれほど申し上げる事はありませんが、健康運を見る時は通常とは別の見方をするので、改めて命盤を見直す必要があります。

健康運が気になる方は、健康運に特化して徹底的に鑑定する事も承ってます。
生まれた時間があればきめ細やかに鑑定出来ます。
気になる方は是非どうぞ。

川島さんの命宮には「巨門」が入ってます。これには「出る」という意味がありますので、エネルギーが出ていきやすかったと思います。
「封誥」という星も入っており、これは何かを詰まらせやすいという事を表しています。結果的にはがん細胞が詰まらせちゃった感じです。

兄弟宮は「廉貞」「貪狼」で、エネルギーがぐっと下がる組み合わせです。これも元々血液・リンパ等の体液の流れがあまり良くなかったりします。

平均的に健康な方を100とすると、川島さんは70〜80位だったかもしれません。どちらかというと体力は無かった方かもしれません。それでも常に全力疾走で休む事をあまりしなかったのも、こういう残念な結果になってしまったのかもしれません。

がん細胞といった具体的なものにならなくても、そういった兆候が徐々に体を蝕んでいく様に見受けられます。30代後半から始まり、40代・50代初めになってもそれが止まらない感じです。
そして今年になって一気にブレークして発症したのかもしれません。運気はすごく良く、開運期といったところです。ただ女優として光り輝いたままでこの世から旅立ってしまい、いつまでのそれが余韻として残る、といった方法でも使う事が出来てしまいますし、本人もそれを選択したのでしょう。
亡くなった時期・時間にも表れてます。「太陰(化科)」で、女性としての美しさを保つという様に読み取れます。老け込んで枯れた姿は決して身内であれ見せたくなかったんでしょうね…。

もう少し細かく見ていきますと、2012年から病魔が忍び寄ってきた様な気がします。
この年の年運は「天機」「天虚」です。このうち「天虚」ががん細胞を発生させる様な意味合いがあります。

2013年は「天刑(手術)」「破砕(がん)」「天巫(民間療法)」(反対側の「廉貞」「貪狼」)で、病魔と闘う年である事が読み取れます。

2014年は「太陽(化禄)」「解神」で、症状が緩解して再び活躍し始めます。が、「解神」は衰弱(精神的には「もういいや」という諦め)という意味もあって注意も必要です。

今年2015年は「武曲」「七殺(化権)」「紅鸞」です。亡くなった日の日運もこれです。
「七殺」は胆を表します。だからこの日に亡くなってしまった、とも言えるのですが、具体的に亡くなってしまう日を当てるのは非常に困難です。
自分であれば、来月か、亡くなった日の4日前(兄弟宮)か2日後(2013年の運)に可能性があると見てしまいますが…(その他にも候補があがりますが割愛致します)。

こういう自覚症状や体質があり、どういった病気やケガが起こりやすいか、いつ病魔と遭遇するという事を気をつけるのにはとても役に立つ占術だと思います。
スピリチュアル的な事も好きだった様ですので(福徳宮の「化忌」がそれにあたる)、紫微斗数も参考にして頂けたらよかったな、と私としては思ったりします。

その他の事もみていきましょう。

川島さんには格局として「石中隠玉」格があります。
若い頃は苦労や試練がありますが、自分が持ってうる高邁な理想や考えが認められて不屈の精神力で才能を発揮出来る方です。
ただ、これがエネルギーの消耗を激しくさせる一因でもあるので、この格局の方は妥協といった事も自分自身を大事にするポイントとなります。
実際にキャンパスクイーンのイメージがいつまでも抜けずに不遇な時代が長かった様ですので、これは当てはまると思います。

命宮は「巨門」「封誥」の他に「文昌」「左輔」「火星」があります。芸能芸術の才があり、ご縁もあって芸能界入り出来そうです。
「巨門」は弁が立ち・頑固・人の発言も逐一覚えてる様な人です。妥協も許しません。
ただこれも度が過ぎると周囲とのトラブルが発生しかねません。
先程も触れましたが、体のエネルギーは低い方だと思います。だからその代わりに口が、といったところでしょうか。ここもある程度は妥協という処世術的なところがポイントになってきます。

学生時代は兄弟宮のところです。この組み合わせは「アイドル」という意味もあるので、この形でデビューしたのでしょう。ただ運気は一番悪い時なので、出来ればもう少し後に花が咲く様にしたら、最初から名女優といった、また違った結果になっていたのかもしれません。

で、そのもう少し後というのが20代後半からで「太陰(化科)」で、夫妻宮でもあります。とても運気がいい場所です。
この時期に結婚してしまうといった選択肢もあったでしょう。
が、子女宮が「天府」「フ羊」「地劫」「天姚」「天喜」(ここは30代後半の運勢でもある)で、弄ばれそうな感じでなかなかいい関係になりずらい感じです。
結婚を前提にお付き合いする事を意識していれば、いい人が早く見つかったかもしれません。だから鎧塚さんとは結婚出来たのかもしれません。
結婚しても子供はなかなか授かりづらいかもしれません。が、不妊治療と夫婦生活をきちんと行えば授かると思います。
子供が出来ていたら、また違った運命を歩んでいたかもしれませんね。
女優生活に支障が出る、といった基準ではなく、子供の為にという基準で、生きる、という事を最優先にしていたと思います。

30代後半の時に失楽園が大ヒットします。セクシー路線へシフトチェンジしていくところですが、ピンク色の星が影響しているかもしれないですね。
この路線に行くのも相当な葛藤があったと思います。過去を捨てて賭けに出るといった感じがします。

40代後半の時に結婚しました。この10年は「禄存」「鈴星」(反対側は「天同(化忌)」「天梁」で福徳宮にあたる)です。
ここで頼れる存在に出会えた感じですね。

そして今年から10年間の運は「柴微」「破軍」「天鉞」「陀羅」(疾厄宮にあたる)です。先程申し上げたブレークして亡くなってしまったところです。
もし生きていれば女優としての最高潮を迎え、60代も安定して活躍して徐々にフェイドアウトという人生を送っていたかも知れません。

個人的には結婚前の川島さんは、どこかお高く止まっている様な印象があってあまり好きではありませんでした。が、結婚してそういったところが徐々に取れていき、抱く印象も変わっていきました。
世間の好感度も良くなっていったと思いますよ。

やはりいい運気は使っていくべきですね。

福徳宮も運気が良いです。他に「文曲」「右弼」「天馬」があり、ワイン・愛犬・ゴルフ等、その辺りの話題も豊富でした。

実は一番いいのは疾厄宮です。
持病を抱えていても一病息災で、上手く付き合えば長生きが出来る要素を持っています。
もともとそんなに丈夫ではなさそうであろう方だったので、自分自身の体を心をもっともっと大事にしていればこんな事にはならなかったと思います。

惜しい方を亡くしてしまいました。心よりご冥福をお祈り致します。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!




posted by MYOGO at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

鑑定の実例 -有吉弘行さん-

またまた実例がご無沙汰となってしまいました。
いくら勝手に有名人を鑑定しているとはいえ、有料鑑定並みに本気になってしまいます。
∴エネルギーも使います。∴なかなか数もこなせません。
今後もこんなペースになるかもしれませんが、よろしくお付き合い下さいませm(__)m
そのかわり読み応えはあると思います。

今回は有吉弘行さん(1974/05/31 生時不明)を取り上げたいと思います。
紫微斗数での鑑定例はあまり無い様なので、

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について

http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/277803100.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

「電波少年」のヒッチハイクでブレイクし、その後暫くして目立った活躍が無くなり、その後また再ブレイクしましたが、どこに秘密があったのでしょうか。

ヒッチハイク出演時の10年間の運は「廉貞(化禄)」「天府」です。しかもその翌年には10年の運が切り替えるという変化の時でした。また、その年の運は「武曲(化科)」「天相」「文昌」「禄存」で、有名になって財も入って来る運気。

翌年からの10年間は「太陰」「鈴星」「天馬」です。引き続き運は良い方なので、前年のブレイクのいい影響を残せそうな感じで、バンバンTVにも出まくり、CDもバカ売れしました。
が、10年間の運の流れを細かく見ると下降傾向です。でも、大きなマイナスになっていません。
実際にピーク時と比べて天地ほどの差がありますが、仕事が全く無い、という事は無かった様です。
収入も大幅にダウンし、色々と悩んで暗くなってしまった事もあったでしょうが、「人」が助けてくれます。
先輩をみる父母宮に「廉貞(化禄)」「天府」←金銭的面倒をみてくれる、同期や仲間をみる「破軍(化権)」←個性派揃いだが関係良好・連帯感有、後輩をみる奴僕宮に「武曲(化科)」「天相」「文昌」「禄存」←いじられてくれる事によって引き立てあう、といった事が読み取れるでしょう。

有吉さんの自分自身のハーモニーはマイナスでは無いにしろ、あまり良い方には思えません。しかし、上記の「人」のところの運がいいので、これにサポートされている感じです。まさに「人財」です。
前世ではよっぽど人の為に尽くしてきたのでしょか。

再ブレイクのきっかけの年になった2007年は「天同」「巨門」「天魁」「陀羅」「紅鸞」で、毒舌がきっかけになったのが柴微斗数からも見る事が出来ます。全体的に運勢にも良い星の配置なので、これも手助けしてくれました。
その後の活躍は言わずもがなです。
元々大きな運気低下が無い方なので、いったん波に乗ればスイスイと行きやすいです。細かく流れを見ていっても波が止まってしまう事が無く、開運期でもあるでしょう。

全体運もみてみましょう。

命宮は「火星」で、命無正曜格。反対側は「太陽(化忌)」「天梁」です。
色々な事を悩みつつも、何かあったらついカッとしやすい(現にオール巨人のところに弟子入りした時に兄弟弟子を殴って破門となってる)ところもありますが、基本的には自分をしっかり持っている方だと思います。
でも「太陽(化忌)」の様に、太陽=男性に凶意を示す星が付いてるので、おっとりしていて、男性らしい「逞しさ」という部分がちょっと欠けている様に見えたりする事があるかもしれません。女性性がちょっと高く見えたりも。
これは今の芸風にもあらわれていると思います。独特のこだわり・コンプレックス・物事を裏側から見る事でしょうか。素直に生きづらいところも。

官禄宮(身宮=後天運)は「天同」「巨門」「天魁」「陀羅」「紅鸞」で、これも毒舌を表してるでしょう。主星(青色の星)のエネルギーは低ですが、他の星が助けてくれます。
芸能界デビューからかなりの時間が経って、自分の立ち位置を確立させ、かつ人気が出て来る、といった仕事運でしょう。

財帛宮は「天機」だけです。自然にお金が貯まる天命かと思いきゃ、そうでもありません。やはり頭を使う事によって貯まっていく事でしょう。

あと官禄宮には「寡宿」、財帛宮には「孤辰」が入ってます。どちらも「ひとり」という意味合いがあるので、コンビを解散してピンで活躍する方が向いているのではないかと思います。またこういう方はフリーランスや職人といった事も向いていると思います。

また、これが自分自身のハーモニーの部分に入ってくるので、無意識に「一人で居る事が楽」また「結婚より仕事」に思えてしまいます。また、夫妻宮は「左輔」「右弼」「天鉞」「地劫」「天喜」で、主星がありません。また「地劫」が意識を薄めさせてしまう作用があります。
本人は結婚願望があり、実際に何回か結婚直前までいった様ですが、よっぽど強く意識しないと難しいかもしれません。でも結婚、又はそれに近いパートナーはいた方が良いです。支えてくれる人がいると人生上更にプラスになります。
主星は反対側の「天同」「巨門」を使いますが、結婚後は「我がままを突き通さない」「家族と調和する事」を意識すると長続きするでしょう。

子供が生まれたら、子女宮は「柴微」なので、とてもしっかりした子供を持つ事が出来るでしょう。多分芸人にはならず、企業にちゃんと就職する道を選ぶと思います。
また、ここは恋愛運見ますが、ちょっとオクテというか恋愛を神聖視するといった意味合いが入るので、気軽にお付き合いが出来ない事があるかもしれません。でも恋愛も人生の大きなプラスになるので、した方が良いでしょう。

もし熱愛⇒結婚となったら人生の見方や芸風が変わるかもしれません。

田宅宮は「貪狼」「文曲」です。家は賃貸より持ち家で、これに関しては自分の好みやこだわりを重視した方がいい縁に巡り合えそうです。

福徳宮は「太陰」「鈴星」「天馬」で、芸術や文化に触れる事が趣味になる傾向があります。またインドアより外向け。
ただ、遷移宮が「太陽(化忌)」「天梁」「フ羊」「天空」で凶意の星が入ってるので、外出は億劫がる傾向があると思います。
柄にも無い、と思われる分野の造詣を深めると意外な一面としてこれもまた仕事につながっていくと思います。

疾厄宮は「七殺」です。強いエネルギーなので概ね健康ではいられると思います。ただ心臓・目・胃腸・ケガには気を配りましょう。

今後の運勢ですが、あと数年すると今の勢いも落ち着くのではないでしょうか。しばらく星の配置が凶星が絡んでくるので、仕事の量も以前ほどでは無いにせよ、ペースダウンしてくるのではないでしょうか。
多分このペースダウンの時期に自己を見つめなおし、そのタイミングで伴侶と出会い、お子さんも出来るのではないかと思います。
この時期に世間をあっと言わすというか、議論されるというか、賛否両論に分かれる様な事をすると思います。早くて再来年・遅くともそこから数年のうちに。世間への公表は下記の開運期の方が影響が緩和されると思いますが、多分すぐに発表しちゃうでしょう。
具体的に何か、というのは私は予測出来るのですが、影響が大きいのでこの部分は差し控えさせて頂きます。

そして50代も半ばに差し掛かってくると再々ブレークといったところではないでしょうか。
一番の開運期でもあり、現在の勢い以上に活躍すると思います。でもこの時は芸人というより、文化人的な感じがします。福徳宮も活きてくるはず。
でも上記の影響が長引いたり大き過ぎるとスパっと別の道に行く事を選ぶでしょう。

60代半ば位にまた運気が低下します。芸能活動を継続していたのなら、70歳になる前迄には芸能界の一線からは退き、まったく違う活躍をするのではないでしょうか。今度は個々人の深い悩みに光を照らす感じの仕事だと思います。
そして70代は、そんな事を自分のペースと関係なく、依頼がひっきりなし…こんな忙しい老後だと思います。

好きな芸能人のひとりなので、今後もどうなるのか、一ファンとして応援していきたいと思います。

*このページへの書き込みをお休みさせて頂く日がある場合がございます。ご了承下さい。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!


posted by MYOGO at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

鑑定の実例 -2014年衆院選-

先日衆院選が告示され、12/14の投票日に向けて選挙戦が繰り広げられています。

メディアの世論調査では自民圧勝との調査結果が出ていますが、果たしてどうなるか占ってみました。

投票が締め切られ、12/14 20:00で命盤を作成しました(柴微占機で占います)。

「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います※
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
紫微占機(紫微斗数における卜術)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/280539660.html

  • 紫微斗数では?

投票締め切り時の現状、命宮は主星はありません(「天同」「巨門」で、「左輔」「右弼」「天魁」「陀羅」「鈴星」「天空」です。
4月に増税されましたが、その影響でGDPがマイナスとなり、また、アベノミクスの恩恵を受けれいる方もいればそうでも無い方もいて、まだまだ日本全体がいい方向にまとまっていない事を表しているでしょう。
選挙結果も概ね世論調査の通りになると思います。

過去を表す父母宮が「破軍(化権)」「文曲」「禄存」で、ついていけない部分もあったかもしれませんが、今まで行ってきた政策は概ね間違いはなかったと思います。日本国のバックボーンも支持している事でしょう。

近い将来を表す兄弟宮は「紫微」「文昌」です。アベノミクスが支持されたとして引き続き以前からの政策を実行していく事でしょう。

選挙の結果を受けてどの様になるかは、身宮である財帛宮で見ます。「太陽(化忌)」「天梁」「地劫」です。
前回の参院選の時には厳しい展開があるかもしれない、と述べました。確かにGDPマイナス⇒増税延期というシナリオ変更をせざるを得ない出来事が生じました。
今回の選挙後もこの様な混乱があるかもしれません。

周囲の状況、外国を表す遷移宮が「天同」「巨門」「天鉞」で、世界の状況が混迷している状況を表しています。これらも影響してくるかもしれませんが、現状を保てるのであればあまり影響を受けない様な気もします。
同盟国・ブレーン・官僚等(兄弟宮・夫妻宮・子女宮)をみても、丁々発止や心理戦・情報戦があるかもしれませんが、いい方向には向かってくれるのかな、と思います。

他の気になる点も見ていきたいと思います。

国の財政(官禄宮「太陰」「天馬」・財帛宮)を見ても、アベノミクスが即ち本格的な景気回復や財政再建につながる様には見えません。消費税を予定通り再来年に引き上げたら、再び景気後退の可能性はあります。
なので有り余る程の余裕が無く、引き続き財布の紐が固い感じがします(福徳宮「フ羊」)。

日本の国土を表す田宅宮は「廉貞(化禄)」「天府」で、日本そのもの、即ち観光が収入源になると思います。円安も続くと思うので外国人観光客は引き続き沢山来られる事でしょう。
また、火山噴火や地震等が相次ぎましたが、徐々にそれも落ち着いていくでしょう。

国民を表す奴僕宮は「貪狼」です。自分の為にならいいや、という感情があるのでしょう。まだまだ景気回復もしてないので自己防衛に走る部分もあるのでしょう。

日本の景気回復にはどうすればよいか。それは命宮・父母宮・疾厄宮(「武曲」「天相(化科)」)が物語ってます。現状の政策を引き続き推し進め、日本のバックボーンの影響も受けつつ、これから起こるかもしれない問題に対する危機管理を怠らなければ、上手くいくのではないでしょうか。

  • タロットでは?

今回はタロットも引いてみました(ケルト十字)。

現状は「カップのクイーン(逆位置)」・過去は「ペンタクル8(逆位置)」で、国の為にどうすればよいか、気持ちも努力もどこか蔑ろにされてきた部分があったと見受けられます。
障害となっている部分「ワンドのペイジ(逆位置)」にもその部分が出ていると思います。

表層心理は「カップ8(逆位置)」・深層心理は「ソード8(逆位置)」で、上記をやらなきゃいけないとわかってはいたけど出来なかった裏事情があったのでしょう。

近い将来は「ペンタクル7(逆位置)」で、出来ないからやめてしまおうといった事にはならないでもらいたいです。いい意味で出来ない、といった事を放りだしてもらいたいです。

自分の気持ち「カップのキング(逆位置)」としてはこんだけ頑張っているのに…と思っていて気持ちが沈んでいるのでしょうが、周囲「ペンタクル3(正位置)」はもっと努力が必要だ、と言ってる様に思えます。

恐れている事「ワンドのナイト(逆位置)」は、内外からの批判にさらされる事をでしょう。前に進んでも後ろに下がっても非難される様では、出来るものも出来なくなってしまいます。

結果は「月(正位置)」で、日本がどうなるか混迷が続きそうな感じがします。

  • まとめ

紫微斗数とタロットの結果をみたところ、現実に行ってきた事と感情がかけ離れている様に思えます。やはり日本全体がまとまっていません。

やはり、紫微斗数の対策で述べた事をするのがいいのではないでしょうか。

さて選挙結果はどうなりますことやら。いずれにせよ、この国がいい方向に向かう様に当選した議員全員に頑張ってもらいたいです。その為に国会に送り出しているんですから。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!


posted by MYOGO at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

鑑定の実例 -桑原征平さん-

今回は桑原征平さん(1944/05/14 午前5:30 京都生まれ)を取り上げたいと思います。
征平さんのこれまでの人生も大まかに把握出来、ようやく記事にする事が出来ました。

関西テレビのアナウンサーとして活躍し、ご存知の方も多いと思います。現在は関西ローカルのラジオを中心に出演されています。
ご自身でテレビ引退宣言もされ、お目にかかる事も少なくなってしまいましたが、ラジオを聴く限り益々元気、といった感じです。

「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
紫微占機(紫微斗数における卜術)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/280539660.html

征平さんの格局は<機月同梁格>です。「頭脳明晰・参謀役で成功」といわれますが、凶星が関わっていて破格になっていますので「上司に理解を得られにくく、仕事で悩む」といった意味合いが出てきます。これはなるほどな、と思いました。
でもこの格局は意外でした。自分が自分が、と前にグイグイ出て来るタイプなので、命宮とは全然違うな、と思いましたが、実はそう思わせる理由があります。これは後程ご紹介致します。

命宮は「天同」「天梁」「禄存」「地劫」です。周りにも気を使い、人付き合いが上手なタイプです。仕事仲間やお友達、リスナーの方々を身内の如く、とても大事にする方です。天梁があるのでスポーツマン(水泳・水球の選手)である事も出ています。禄存があるので自分の思った事が現実化しやすいです。また、実は真面目で努力家で、お金も入ってきやすいです。ここまでラジオを聴いているとわかりやすいです。
地劫が入っているのであまり表に見せませんが、くよくよしやすく・悩みも多く・人には言えない様々な事も心の中に秘めていると思います。

また、反対側の遷移宮は「天空」だけなので、周囲・移動・行動をしようと思っても上手くいかない場面も沢山あったと思います。結構ガラスのハートでキズだらけでしょう。それでも踏ん張れるパワーの源があります。
<遷移宮は身宮>でもあるので、ずっとメディアに出続け、また、その願望がある方です。

前述のグイグイ出て来るタイプとも関連がありますが、奴僕宮のパワーがものすごいです。「紫微」「破軍(化権)」「文昌」「文曲」「左輔」「右弼」「天鉞」「紅鸞」で吉星のかたまりです。
あるひとつの宮が極端に強い場合は、その方の命宮となり得る事があり、<文桂文華格><左右同宮格>でもあります。学術芸能で成功・人間関係に恵まれ困難を回避出来る、といった力もあります。
これは特に社会的な面で出て来ると思います。まずテレビでは標準語がしゃべれないにもかかわらず中途採用され、体当たり挑戦で一躍全国的に有名で人気者になり、莫大な借金を抱えてしまっても定年には返済出来、その後の仕事とお金も5年間の関テレ専属契約・大学教授・ラジオ・講演等々で賄えているといった事です。
伝統と革新〜一流会社の中で革新的な事が出来るといった事も成し遂げ、テレビの一時代も築き上げました。
また、友人知人・仕事仲間・取引先やスポンサーにも大変恵まれ、そういうところも仕事に結びつけてきた、といった事も読み取れます。
もちろん運だけではなく、努力も沢山してきた方です。ものすごくストイックで、メディアではそんなところは見せないですが、苦労や困難にも沢山めぐりあったけど、それも乗り越えて来てこれた事でしょう。
子供っぽさ・デスクより現場・ちょっかい・ちょっとした問題発言・ちょっとした強引さ・なんかは「破軍」で表す事が出来ます。
これだけで征平さんの人生の半分以上は語る事ができる宮です。

官禄宮は「天機」です。情報を司る星なので、マスコミ・コミュニケーション・アナウンサーといった職には最適で、エネルギーも強いのでいずれはこういった事に携わる事になったのでしょう。
前職の酒問屋の営業も奴僕宮の破軍がそれに当てはまるので適職ではあります。だから自分で自分を売り込みに行く事もとても上手いのです。

財帛宮は「太陰」です。エネルギーもまあまあ強いので財も貯まりやすく、不動産なんかも持つ事が出来ます。

が、その田宅宮が弱いです。「火星」(反対側の「廉貞(化禄)」「貪狼もエネルギー弱」)です。南が日陰の丘陵地・震災では土地にひび割れが起きたり家が傾いたといったお宅ですが、持ち家にこだわらずに賃貸でもよかったのでしょうが、「猫の額程の庭に桜の木が植えられる」家が欲しい等が家を買う事にこだわったのだと思います。独断でなく、友人知人仕事仲間なんかを経由すると、もしかしたらもっといい物件を紹介してもらえた様な気がします。

父母宮は「武曲(化科)」「七殺」「フ羊」です。ラジオのリスナーならお馴染み、「かつて警官をやっていた、すぐかっとなっていつも家に居る暴力親父」「年中無休で家計を一手に引き受け、色々な事があっても黙ってこらえて働く母」がよく出ています。わかりやすく言うと「武曲」が母親・「七殺」が父親を表しているでしょう。でも両親とも両方の要素を持っていると思います。
お父様が意外にも字と文章が上手い様ですが、これは「化科」ではないでしょうか。何かを学び、身につけたいとは思っていますが、「フ羊」が色々と妨害していた様な感じがします。生年月日や生まれた時間もわかりませんが、命盤を見れば、なるほどこれは大変だな、という事を想像させます。

兄弟宮は「天相」「天魁」「陀羅」「鈴星」「天喜」です。概ね兄弟仲も良く、奴僕宮のところでも申し上げましたが、良い友人にも恵まれて周囲の人気者にもなれます。
が、全員が全員好意的には見ていないのではないでしょうか。中には誹謗中傷等で陥れる様な人もいたはず。

夫妻宮は「巨門」です。顔を合わせたら合わせたで、色々な事を話されたり指摘されたりして、征平さんは面白くない場面も沢山あったはず。ケンカも多かった事でしょう。
現在夫婦間での会話は余り無いらしいですが、お互いが全く嫌い、という事はないです。きちんと話すべき事は話して、お互いにきちんと信頼関係はあるはずです。

子女宮は「廉貞」「貪狼(化禄)」「天馬」「孤辰」で、仕事の忙しさもあってなかなか構ってあげられず、お互いに寂しさも感じた事でしょう。「廉貞」「貪狼」はテレビを表し、「化禄」も加わるので、お子さんが2人共にテレビ局勤務になった、といった事も読み取れます。

福徳宮は「太陽(化忌)」「天姚」です。人と会ったり、世間話をしたり、悩み事を聞いてあげたりする事が好きな事が表れています。あと、下ネタ好きも。

疾厄宮は「天府」です。そんなに悪くは無いと思いますが、命宮の禄存とあわせて太りやすい体質だと思います。今も水泳でトレーニングをされておられますが、これを止めてしまうと血液の状態が悪くなりそうです。ここから様々な病気も発症しそうなので、出来る限り運動はされた方が良いでしょう。

でも征平さんのやっている事は全部仕事に繋がっている様な気がします(特にラジオのトークネタ)。これもパワーの強い奴僕宮がなせる技なのでしょうか。

運勢も見ていきましょう。

幼少から中2位までは概ね平穏に過ごして来た事でしょう。でもこのあたりの運勢を示す命宮の「天梁」「禄存」がスポーツ選手としての頭角を現し始めてきたことを表しているでしょう。現に中学校では記録を出しています。

中3〜アナウンサーになる前年までは、父母宮のところにあたります。大なり小なり、良い事も悪い事も色々な事があった期間だったでしょう。
良い事は水泳・水球の選手として活躍した事。もちろん良い成績をおさめました。
悪い事は入れるはずの高校に入れなかった事・、リップサービスのつもりが余計な舌禍となり、もらえる賞までもらえなかった事・部活の顧問の先生の怠慢でインターハイに正式出場出来なかった事・大学もスポーツ推薦枠らしきところでも不合格で2次試験で何とか合格(ここでは書かないが、限りなくクロに近いグレーゾーンだぞ)…他にもいろいろあったはず(何か悪い事のエピソードの方が多いな)。
でも奴僕宮のパワーの手助けもあり、悪い事も乗り越えられて来たのではないでしょうか。
また、ここの「フ羊」はパワーが低く、自分ではどうしようもない災難も降りかかってきますが、それでもくじけずに乗り越えていくとものすごいパワーになります。

アナウンサーに転職してからの10年間は、福徳宮のところです。この前後は様々な事で悩んでいたのではないでしょうか。
肝炎にかかって水球を辞めざるを得なかったらしく、どうしようかと考えている時に、アナウンサー募集の記事を見て応募されました。その年の運勢は子女宮のところです。「廉貞」「貪狼」のテレビ・2次元といった意味合い、「化禄」「天馬」(異動変動の星)も加わり、さらにこの年限りで「貪狼」「化権」・命宮の「天梁」「化科」も加わり(これだけで<三奇加会格>相当となるでしょう)、まさにこの年に転身する事を運命づけられる様な星の配置です。
しかし、その後も一生懸命トレーニングしたにも関わらず標準語が上手く喋れず、ニュースも読ませてくれず、本人はその時の事を笑い話にしていますが、落ち込みと無力感と悔しさで溢れていた事が想像出来ます。
でも、番組の前説・万博での電気自動車運転等、裏方でも何でもこなし、入社から暫く経ってから「土曜イブニングショー」で初めてアナウンサーらしくテレビ出演されました。その頃から今の突っ込みスタイルが確立していて、現場でも好評だった様です。これも前説での成果だとか。
そして徐々に出演機会が増えましたが、それでもイマイチ自分の持ち味が生かせず、悶々としていた事だったと思います。特にアナウンサーとしての本分であるナレーションやCM読み上げなんかは別の人だったり、アナウンサーはゲストを活かすのだから黙っとけという事で言いたい事も言えなかったり…。
1975年からの「征平の挑戦」のコーナーで一躍有名になり、ここでようやく持ち味を生かせ、活き活きとしてきたのではないでしょうか。
「太陽(化忌)」は、コンプレックスをバネに跳ね上がるといわれています。様々な悩みも困難も成長の種として開花し、普通の人なら断念してしまう様な事もやってのけてしまうのは凄いな、と思います。
ここでも奴僕宮の強力なパワーが助けに回っていた事でしょう。ていうか、一生ここのパワーは守護神の如く征平さんについてまわります。

30代後半からの10年間の運は田宅宮の場所です。
主星が無いので、主星は子女宮の星を使いますが、まさにメディアで活躍する様な運気の回り方です。次々と今までに無い様な事に取組む機会が多かった事でしょう。
「土曜!100%」でのアナウンサーのメインMC・フジテレビに出向し「ナイスデイ」の司会、というのは関テレ史上初めての事だったらしいですからね。
でも、それでも自分自身ではまだまだ、と思っていたのかもしれません。
また、この頃は東京出向・他にも仕事が目まぐるしかった事もあり、あまり家庭生活を顧みる事が出来ない期間であったので、ちょっと家庭とは希薄な関係だったでしょう。「廉貞」「貪狼」は人間関係にはちょっと難あり、といった事があります。テレビを通す様なちょっと遠い関係も表す事もあり、本人も家族もここら辺では心を痛めていた事でしょう。
仕事の面でもちょっと運気の下がる期間でもあったので、他の番組の打ち切りのとばっちりで「土曜!100%」も司会交代で打ち切りの憂き目にあったという出来事の様に、面白くない場面にも出くわした事もあるでしょう(でもすぐにフジが出演打診して来たのは凄いな、と思いました)。

40代後半からの10年間から、ようやく本人のやりたい事と、運気が合致して来た様に思えます。
東京出向から戻ってきて、再び土曜の朝ワイドの司会に。関西テレビの顔としてすっかり定着したので、もはやここまで来ると怖いものなし、といった感じでしょうか。

50代後半からの10年は奴僕宮のところです。まさに大開運期!
でも好事魔多し。親類の連帯保証人になってしまったばかりに、財産すべて持っていかれてしまった、というとんでもない事件が。
大開運期なのになんで??と思いますが、実はこの年は遷移宮のところ「天空」です。これだけで何かを無くしてしまうかもしれない、といった事が想定されます。現実に何か起こったら目も当てられない様な状態となってしまいますが、さすがにここはいい星(奴僕宮)がカバーしてくれました。
前述もしましたが、給料の一部・営業(内職)での収入・退職金は全て持っていかれましたが、それでも定年までに何とか返済出来ました。
さらに、定年退職記念番組では民放連で賞を受賞(横浜の放送ライブラリーにも収蔵されていますので、関東の皆様も是非見て下さい〜「粋も甘いも」のアーカイブもあります〜お孫さんの銀河君が生まれた時のO.A.です)。
征平さんの待遇もなおざりに出来なくなり、関テレとの専属出演契約、それによりABCテレビに出演予定が出来なくなったがラジオに出演出来、大学での教鞭、そして引き続き営業も。定年後のセカンドライフも順調に踏み出す事が出来ました。

そして現在。
現在の10年の運は遷移宮(身宮)の場所にあります。
寄る年波にも勝てなくなってきたのでしょうか。心境の変化もあったのでしょうか。今までみたく、がむしゃらに仕事をこなすのではなく、自分の出来る範囲で仕事をする…。テレビ引退会見がそれを物語っています。自分を取り巻く環境も変わってきたのでしょう。それが征平さんの心を変化させたのかもしれません。

今後ですが、今年は10年間の運と、今年の運が重なっています(遷移宮の場所)。ちょっと気になりますが、悪い事が起こらず、こちらの取り越し苦労で済んでもらいらいです。
あと2〜3年は、もうひと踏ん張り、といったところでしょうか。生涯現役で仕事をする最後の基盤構築をする様な感じです。それが過ぎると、運気がとっても穏やかになり、公私共にもっともっと充実した人生になると思います。

私が幼い頃から存じ上げており、面白いアナウンサーだな、と思ってめざましの頃まではよくテレビで拝見していました。
多分潜在的なファンだったのでしょう。関西のラジオが東京でも聴けるようになり、粋も甘いもを聴き始めたら、一気に大ファンとなってしまいました。
いなだ鮮魚店・タマヤフルーツ・シレーナ・様々なイベント等々、縁のある所にも行きたいのですが、距離が距離だけになかなか行けません…。が、一度は行ってみたいです。

今後も楽しいラジオ番組を聴かせて頂ければ、と思います。応援してます。

P.S.下ネタレベルは5時に夢中と変わらない、というか、時間帯と準キー局という事を考慮すると粋甘の方が上かもしれませんね。征平さんも、ちょっとだけテレビ引退を撤回して、一度は5時夢に出てもらいたいな、という願望はあります。多分、というか絶対5時夢向きだと思うので…。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!


posted by MYOGO at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

鑑定の実例 -スコットランド独立-

スコットランド独立の投票が始まりました。

独立の賛成票が上回ったら、今後世界に大きな影響を与えそうなので気になります。

現地の投票開始時間(9/18 07:00)で、紫微占機で命盤を出してみました。


「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
紫微占機(紫微斗数における卜術)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/280539660.html


運気的には独立したいな、という雰囲気の方がちょっと大きそうです(「命宮」より「遷移宮⇒動く」の方がエネルギーが高い)。
しかし、全体的には大人しい方なので、まだ冷静さは維持してます。

夫妻宮(イギリス本国とは)、右弼・フ羊・地劫(反対側の太陽(化忌))でこの事で悩んでストレスが溜まり、感情的には亀裂も生じている様な感じです。

兄弟宮・子女宮・奴僕宮(スコットランド人)は独立したい、というエネルギーが強く出てると見て取れます。

しかし、独立した際に国としての稼ぎとなる官禄宮・財帛宮は弱いです。いくら油田があるとはいえ、これだけで経済を支える事が出来るか不安です。国の財政も慢性的な赤字になりそうです。

その他の大国(父母宮)は貪狼文曲、自分たちの利益を損ねない為にも、何とか独立を阻止しようとしているのではないでしょうか。

スコットランドの資産を預かっている資産家・企業家等はどうでしょうか(田宅宮)。武曲(化科)・天相文曲で、ここが一番エネルギーが高いです。経済界は経済的デメリットを心配していて、独立には反対していそうです。

結果(財帛宮)としては、天魁・陀羅(+のエネルギー)で、独立したい気持ちもありますが、様々な事を勘案して、反対票が過半数を上回り、独立は無しとなる様な気がします。
しかし、その後も天同・巨門(主星が無いので反対側の福徳宮の星を見る)で、しこりが残ってゴタゴタも絶えず、投票前より不安定になりそうです。
精神的余裕が無くなって、デモや小競り合いも発生し、治安悪化が心配です。

これに対してどうするかは、疾厄宮を見ます。紫微で、大国(大きな存在)が大局的考えを持つように説得する、と出ていますが、エネルギーが小さく、強権的に出ると逆効果です。ゆっくり時間を掛けてなだめていく様な感じでいくと良いと思います。

日本を含め、今後の推移を見守りたいです。


↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!


↓↓追記があります↓↓

続きを読む
posted by MYOGO at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

鑑定の実例 -全米オープン決勝-

全米オープンの決勝は日本時間の明日朝6時から、錦織選手とマリン・チリッチ選手(クロアチア)との対戦になりました。

簡単ではありますが、明日の決勝の行方を占ってみましたので掲載したいと思います。

日本時間での開始時間(明日6時)と現地時間(9/8 17時)で、紫微占機で命盤を出してみました。


「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
紫微占機(紫微斗数における卜術)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/280539660.html


どちらも「破軍」が強いです(化権もついていますし)。打ち破るという意味があるので、ほぼ欧米勢で占められていた優勝に風穴を空ける様な感じがします。

また、どちらも身宮(結果)が遷移宮です。
距離をみても、日本⇔NY・クロアチア⇔NYでは、日本との距離の方が遠いので、日本人の錦織選手に運気的に利がありそうです。

勝つアドバイスとしては、動揺しないで自分自身をしっかりと持つ事です(日本時間での命盤の身宮は天梁)。これに巨門が関係してくるので、プレッシャー・心無い発言・ファンからの声にも敏感にならないで、決勝まで心穏やかに過ごして思います。勝つだろうという慢心もいけません。
また、結構な競り合いになると思いますので、怪我や体を痛めない様、しっかりとしたケアも大事になってきます。
当たり前のアドバイスですが、その当たり前が重要になってきそうです。

日本人初の快挙のニュースを聞きたいものです(WOWOWに入ってないので中継は見れない…)。
錦織選手、頑張れ!!応援してます!!

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!


↓追記があります↓
続きを読む
posted by MYOGO at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

鑑定の実例 -北村真平さん-

※超ローカルネタとなります。何のこっちゃわからない方には誠に申し訳ございません。何卒ご了承下さい。

先月は記事を出す事が出来ず、すみませんでした。

今回は朝日放送のアナウンサー北村真平さん(1984/10/11生まれ 生時不明)を取り上げたいと思います。

ラジコが全国対応となり、テレビがつまらなければラジコに切り替える事があります。ラジオは関西は面白いという事は知っていたので、この地域に照準を合わせる事があります。
その中でABCラジオの「上沼恵美子のこころ晴天」という番組を聞く事があります。その中で、真平さんがなかなか恋愛が上手くいきずらいエピソードが出て来ます。

そこでその原因と対策を紫微斗数から考えてみたいと思います。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について

http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/277803100.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

命宮は「天梁」「文昌」「文曲」「天鉞」で、天梁だけだとちょっと無骨な面がありますが、文昌文曲が入っている事でだいぶソフトになります。オシャレで物知りでリードしてくれそうな感じなのに何で恋人が出来ないの…、と一見思ってしまうのですが、こんなところに原因がありそうです。

まず命宮のハーモニー。これが大きい様な気がします。

官禄宮は「太陽(化忌)」です。男気というのか男性性というのか、相手から見るとそういったところで物足りない思いをしているのではないのでしょうか。自信が無いとも思われたりするでしょう。

財帛宮は「太陰」「フ羊」「紅鸞」で、女性からは一見良さそうに見えるのだが、感情的にナシだな〜と思われたり、ちょっと違うと思われたりする事がある様な気がします。
また、女性絡みで散財をしてしまったり、寄ってくる女性も人間性ではなく、アナウンサーという肩書で寄ってくることもありそうです。普段の生活でも、気を緩めると財布の紐が緩む事があるので、このあたりも気を引き締めて下さい。

本人は意識していないのかもしれませんが、妙なこだわりが多すぎたり、無意識にコンプレックスを抱いていたり、過去に女性に受けたイヤな経験を引きずりやすかったりするのではないでしょうか。
とにかく男女関係のところで凶星が絡んでいるので、自分の思いと相手の思いが噛み合わずらいところはあります。

子女宮は「貪狼」です。肉体関係がどうなのか、あまり話も出て来ないのでわからないところもありますが、おそらく真平さんはプラトニック的要素の方が高いのではないのかな、と思ったりします。
肉体関係もお嫌いでは無いと思いますが、プラトニック的なところも大事にしてとなると、ちょっときつく感じる場面もありそうです。
精神性より物質性の方が好きな方にご縁がありそうですから、自分の心の中で折り合いをつけるのがちょっと大変そうです。

夫妻宮は「巨門」「火星」です。お付き合いも長くなると、女性の方からいろいろ言ったり、主導権を握られたりする事もまた苦痛に感じるのかもしれません。結婚後も主導権は奥様でしょう。

また、命宮に「天鉞」が一緒に入っていて、これがあると、どこか自分を出し切れないところが出る場合があります。両親祖父母の影響もありそうです。

さてどうすればよいか?これは命宮の「天梁」を活かすと良いと思います。頼りがいがあり・一本筋が通っていてブレない・存在感があって落着きがあるのが、本来の性分です。これを意識すると徐々に変わって来るのではないかと思います。
また、性的な部分も盛んなので、プラトニック的要素に縛られているのなら、そういったところも解放すると楽になると思います。

現状はマイペース・自分の思った通りにしたがり・頼りがいがない、と思われても仕方が無い様な気がします。本来はもっと男気があるので、普段から意識してみて下さい。

次にモテ期を見ていきます。

最大のモテ期は今です。本当は26〜28歳のあたりが一番良かったのですが、まだ2017年までチャンスはあります。10年の運が「天同」「天姚」「天喜」だからです。

今年であれば「貪狼」で、合コン・飲み会・ナンパ・その他出会いの場で、ちょっと勢いに任せて押しの手で行くと、いい人をGET出来るでしょう。
来年は上手く口説けるかがポイント(夫妻宮の年)。再来年は結婚or結婚する可能性のある人との出会いのチャンス有(兄弟宮:「廉貞(化禄)「天相」)。2017年は趣味を通じての出会いがありそう(命宮の年)。

出会う場所は趣味やサークル・自分の好きな事で、仕事以外の場でしょう。年下の方に縁があると思います。何かしらのアクシデントが出会いのきっかけ、という事もあるかもしれません。

34歳あたりからは仕事が忙しくなったり、仕事上の転機がありそうなので、仕事ばかりに集中してると出会いのチャンスが減ってくるかもしれません。プライベートも意識して過ごすといいでしょう。


その他の事も見ていきたいと思います。

格局は文桂文華格・天乙挟命格です。

命宮を見て、中高の保健体育教員免許取得・アナウンサーは適職だと思います。出版社志望だった様ですが、「天鉞」の公共性から見てアナウンサー方がより適しているかな、と思います。

官禄宮を見ると、社会の隠れた闇や問題の取材向きの様な気がします。ラジオもやっているので、人の心に寄り添う様に番組を進めていくと聴取率も良くなると思います。
教師であれば、生活指導や問題を抱えている子の相談を任せても大丈夫そうな感じです。

遷移宮(身宮)は「天機」「天魁」「陀羅」「鈴星」で、頭の回転もよく、周囲の要求にも応えたれそうなので異動も無くアナウンサーで過ごせるのではないでしょうか。定年後もアナウンサーの仕事はありそうですね。

子供さん(子女宮)は、ちゃっかりとしていそうです。現実的で世渡り上手、モテるがちょっとチャラくなりそうな感じも。

お友達(兄弟宮)もいい人に恵まれていそうです。

ご両親(父母宮)は「七殺」「天馬」「天空」で、甘やかされず、厳しかった事でしょう。あまり家に居なかったか、近寄り難い存在で、寂しい思いもしたと思います。

疾厄宮は「紫微」「天府」「右弼」「禄存」「地劫」で、エネルギーが高いので、九死に一生を得たり、病気やけがをしても回復が早かったりします。長生きもするでしょう。
もしかしたら良く食べるので太りやすい体質かもしれません。それ故に内臓にも負担がかかると思いますので、このあたりの病気にも注意して下さい。

これからの運勢も全般的に良いと思います。ただ、45歳あたりからの10年間はいろいろな試練や試行錯誤が続く事でしょう。これがバネとなってその次の10年は飛躍出来る事でしょう。

ラジオを聞いていて、気になって気になってしょうがなかったので今回取り上げさせて頂きました。真平さん、もしご覧になりましたら参考にしてみて下さい。

<P.S.>
本当は別の方を取り上げる予定でしたが、リリース直前に生まれた時間が分かり、推測していた時間と違っていたので命盤を造り直し、記事を書き換えなければならない事、本人がラジオで延々と自叙伝を語っており、命盤との照合をしなければならないので、その方は後日とさせて頂きます(リスナーの方なら誰かお分かりになると思いますが)。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓


posted by MYOGO at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

鑑定の実例 -小保方晴子さん-

今回は小保方晴子さん(1983/06/29 生時不明)を取り上げたいと思います。STAP細胞騒動で世間から注目されていますが、小保方さんの行く末はどうなるのか、執筆時点での今後の流れを考えたいと思います。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について

http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/277803100.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

小保方さんの格局は梁馬飄蕩格(慈悲心にあふれるが他人の世話で多忙、損失、不安定な一生)・天乙挟命格(これがあるから緩和はされる)です。衣食住に困る、という事は恐らく無いとは思いますが、人生においていくつもの壁を乗り越えていかなくてはならない事となるでしょう(すでにその場面にぶち当たっていますが…)。

命宮は「天梁」「文曲」「陀羅」で、教科書通り、医療・健康長寿に対しての学術研究を進める方です。天梁にリーダーの意味があるのでユニットリーダーにもなる事が出来たのでしょうか。また、大学時代にはラクロス部にも所属していたので、これも天梁の影響でしょう。ただ陀羅があるので詰めが甘いのではないでしょうか。これがすでに今回の騒動に影響しているでしょう。

官禄宮は「文昌」「天魁」(反対側の「天機」「巨門(化権)」)です。ここでも公共的な機関で学術研究を進める星が揃ってます。財帛宮は「太陽」「太陰(化科)」で、リケジョの星として国民的に有名になる感じがしますね。

以上の様に未知の発見をし、順調にいけばその分野においての権威となれるはずでしたが、格局の通り、現在困難に直面しています。

人間関係はやや難ありと読み取ります。

身近な仲間の兄弟宮は「紫微」「天相」「天喜」「寡宿」です。恵まれてはいると思うのですが、寡宿があるのでどこかで一歩引いているところがあるのかもしれませんね。本当に助けて欲しい場面で助けてもらえなかった場面もあった事でしょう。

上司にあたる父母宮は「七殺」「禄存」で、厳しい方ですが本人の為にそうしている感じが取れます。が、親をはじめとする目上にもはっきり自分の主張が言えたのでしょうか。ここが気がかりです。

その他の人間関係の奴僕宮は「破軍(化禄)」「火星」「天空」「紅鸞」で、ここに原因のひとつがあるのではないのでしょうか。
持ち上げられる時は持ち上げられて、後に手のひらを返される、といったマスコミをはじめとした対応をされてもおかしくないでしょう。
他の研究室や研究所の本部組織・対外機関とも以前からひと悶着あった様にも感じます。

運勢はどうでしょうか?

今年は「天府」「武曲」「右弼」「地劫」「陰殺」です。10年間の運は「廉貞」「孤辰」です。去年は「太陽」「太陰(化科)」「右弼」、10年間の運は「フ羊(エネルギー高)」反対側の「太陽」「太陰(化科)」でした。

2014年から運勢が切り替わっています。去年までは病気の人の為になる研究を根気よく出来、そして運勢が切り替わる直前に発表出来て一躍時の人となれる運気でした。

今年からはどうでしょう。周りの魑魅魍魎や利害関係も冷静にクリアして自分の仕事をこなしていく感じですが、孤辰があるので、既にそうなっていますが、人が離れていったりして孤独感や疎外感も味わう事にもなると紫微斗数でも指しています。

再来年までは好奇の目にもさらされ、思い通りにいかない苦しい展開になりそうです。2017年にはひと段落つきそうですが、毎年の命盤を見て行っても一難去ってまた一難という流れです。

柴微占機でもみていきましょう。記者会見が行われた2014/04/09 13:00で出しました。
紫微占機(紫微斗数における卜術)もご覧下さい。

現状は主星がありません。「紅鸞」「封誥」があるだけです。

自分を取り巻く環境は「太陽(化忌)」「天梁」「文昌」「フ羊」「天姚」「天喜」です。

ここでも仕事の事で思い悩み、自分ではどうにもならず、さらし者の様に周囲にみられている感じです。

過去は「廉貞」「天府」「鈴星」陰殺」です。仕事で思い通りに行き、いい知らせも耳に入っていたことでしょう。でも、心理的に腐す様な星がつきまとっている様な感じがします。ここでは「陰殺」ですね。何か謀略的なものもあったばず。

研究も成果をあげないといけない世界、いろいろな妬みやっかみもあるのでしょうが、人の言った何気ない言葉もすごく気にして傷つきやすい方なのでしょうかね。

仕事は官禄宮の「天同」「巨門」「天魁」「陀羅」で落ち着いて出来そうもありませんし、財帛宮も「天機」ですが、「天空」「地劫」で挟まれているので必要な情報も入って来ない感じです。

人間関係も、近いところは「破軍(化権)」「右弻」「火星」「孤辰」で、腫れ物に触れる様な態度でしょう。目上も「廉貞」「天府」「鈴星」「陰殺」で、トカゲの尻尾切りというか、自分たちには出来るだけ火の粉が掛からない様にしたいところでしょうね。

ただ、第三者は「武曲(化科)」「天相」「禄存」「天馬」で、パワーもあります。すでに擁護の発言もある様に、ここを上手く活用するのがいいでしょう。いかに世間を味方につけて名誉回復をするか、といったところでしょう。ただ風見鶏的発言をする方もいますが、これはあまり気にしなくても良いでしょう。再調査をする機関もちゃんとやってくれそうな感じもします。

この後も近いところで「破軍(化権)」「右弻」「火星」「孤辰」で、孤独な戦いを強いられるでしょう。

結果は「太陰」「文曲」「天刑」です。再調査がきちんと行われたとしても不正と認定され、何かしらの処分が下り、裁判までもつれこむと思います。ここで隠し玉も出てくるのでは。ここで和解か判決で、小保方さんの名誉はとりあえず守られると思います。しかし、それでも何かしらの処分が下り、再びSTAP細胞研究を初めとして再び表舞台に立てるかというとそうでも無い様な気がします。

さて、どうすればよいか。

利害関係の無い特定の人と付き合って、ここを拠り所にする手もありますが、生まれた日の命盤・記者会見時の命盤ともに恋愛結婚関係は良くありません。もともと自分の意思で突っ走るところもあるので、すぐに乗り換えたりとかで長続きしないでしょう。

救いどころは、どの宮も極端にパワーが弱いところが無く、全般的にプラスであるという事です。
どこか周りに流されやすい一面もありますが、流されず、自分自身を信じて、周りに何と言われようと、くじけず・心折れる事無く頑張る事です。
自分自身が生きている間には陽の目を見ないかもしれませんが、死後しばらくたってこれは正しかったという事が証明される事だってあり得ます。
STAP細胞をつくる技術が確立すれば、難病で苦しんでいる方たちにとって朗報となります。
恐らく名誉欲は薄いと思いますが、こんなのに囚われる事無く、後世の為に陽の当たらない事でも、研究職を追われたとしても出来る事をやって欲しいと思います。
自分自身の死後に正しかったとして認められたとしても、あの世で安心できるのではないでしょうか。

以上は現時点での占いの観点からの今後の予測です。この後の展開は引き続き見守っていきたいと思います。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓

posted by MYOGO at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

鑑定の実例 -タモリさん-

今回はタモリさん(1945/08/22生まれ 生時不明)を取り上げたいと思います。

まもなく「笑っていいとも」も終了し、そのいきさつや今後、また、紫微斗数でタモリさんを鑑定した事例をあまり見かけないので、ご紹介してまいります。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について

http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/277803100.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

タモリさんは明珠出海格で表せると思います。「趣味が広く、学識・好奇心もあって、才能も溢れて社会的名声を受ける」とありますが、少し凶星が関わって来るので破格(才能があっても発揮出来ない場合有り)になります。でも影響は少なく、テレビ等では放送出来ない事が破格にあたる様な感じがします。

命無正曜格の為、命宮に主星はありませんが「天姚」「寡宿」が入っています。人気者だったり可愛がられたりしますが、それでもひとりでいたり自分の時間を大事にする、といった事が出ています。

反対側(遷移宮)は「天同」「巨門」で、興味や考え・交友範囲も独特なものがあったりする事が窺えます。人間関係ではこの2つの組合せはトラブルを起こしがちなのですが、命宮のハーモニーにも「封誥」「孤辰」といった、ひとりでいる意味合いの星もあるので、深く人間関係に踏み込まなかった様に思います。現に自ら揉め事を起こしたという話も聞いた事がありませんし。
ただし、移動旅行運は良くないでしょう。旅先で事故やトラブルに巻き込まれやすい暗示があります。実際事故を起こしたり、怪我で片目の視力低下・ゴルフ場でもあわや左目失明危機の怪我をしたり…(目の怪我は財帛宮の「太陽」「天刑」「封誥」でしょう)。
いいともが終了すれば、行くところも増えるでしょうから、どうかあまり気を抜き過ぎず、ある程度の注意は払って頂きたいです。

友人関係には恵まれたと思います。兄弟宮は「紫微(化科)」「紅鸞」で、紫微斗数から見ても人気者で誰からにも好かれる事が読み取れます。「化科」ですから有名になるという意味があります。まさしく知り合った人に引き立てられてここまで来れる素質があります。

夫妻宮は「天機(化禄)」「文曲」です。あまり夫婦の話題が出てきませんが、お二人は仲は良さそうです。家庭内でも会話があり、もしかしたら共通の趣味もあるのかもしれませんね。

子供がいたら、やんちゃな子でしたでしょうね。子女宮が「七殺」「右弼」「フ羊」「火星」で、武道なんかをやらせたら、いい成績を残せる様な感じがします。
また、あまり恋愛向きの星ではありません。命宮のハーモニーから見るとあまり積極的な感じでは無いので、今の奥様は「この人なら結婚してもいい」という前提で初めお付き合いしたのでしょう。

官禄宮は「太陰(化忌)」「鈴星」「孤辰」で、エネルギーも高くありません。が、ひとりである種屈折した芸を見せる事が「適職」だったので、財帛宮も大きく開花しました。

財帛宮は「太陽」「天梁(化権)」「禄存」で、自分で道をつくりあげ、ご存知の様にものすごい額の財産があります。

また、剣道や居合をやっていたそうですが、命宮のハーモニーに「鈴星」「天梁」にスポーツという意味合いがあり、体力も強い方だと思います。

田宅宮は「廉貞」「天府」「左輔」「天空」で、確かにいいお宅にですが、財産形成に興味があるかというと、あまり無い方でしょう。

父母宮は「破軍」「天鉞」で、家庭環境が複雑なのと、両親の離婚で義理の祖父母(?)に育てられるといった、何となく星の意味合いと合っている様な感じがします。命無正曜格でもあるので、多感な頃は人には言えない様々な事もあったと思います。

疾厄宮は「武曲」「天相」「陀羅」「天馬」で、特に悪いところは無さそうですが、何か落着きの無さを表している気がします。

後天運(身宮)は福徳宮で「文昌」(反対側の「太陽」「天梁」)で、自分の好きな事だけして生きていこうといった感じが読み取れます。
20代〜50代(特に40代)は、レギュラーが何本もあって大活躍してましたが、60代に入って段々出演する番組が減ってきました。自分を取り巻く環境も変わってきたのでしょう。
60代の運は「天同」「巨門」です。それ迄はプロダクションの稼ぎ頭としても頑張って来たのでしょうが、2007年頃から本格的に芸能界の一線を退きたいと強く思って来たのだと思います(天空⇒空劫に挟まれ⇒地劫)
そして2011年には、表には出ていないけど、決定的なゴタゴタがあった様な感じがします(60代の運と2011年の運が重なる)。このあたりで「いいとも」終了の話も出ていたと思います。
身宮が福徳宮の方は引退願望が強いと言われてます。本当なら、稼ぐだけ稼いだらもっと前に第一線から退きたかったのだと思います。
各所様々な調整の末に2014年3月末に「いいとも」終了となるのでしょう。「いいとも」に行きたくない日は一日も無かったとか言ってましたが、本人はそうでしたでしょうが、周りがいつまでもそれを許したかというと、そうでもない感じがするのは気のせいでしょうか(ここ最近は常に打ち切りの噂や視聴率の割にはギャラが高過ぎるという話題もあがってましたし)。

でもようやく身宮の生き方が出来ると思います。仕事も好きな事だけをし、プライベートも思い切り充実させ、テレビからは屈託の無い笑顔で、見ている方も楽しませて頂ければ、と思います。
個人的には「密室芸」や「今夜は最高」でやってた様なのも見たいです。ゲストを呼んで「大人のトーク番組」というのも興味をそそられます。

70代は燃え尽き症候群に気を付けて欲しいです(この時の10年の運に地劫がある)。でも、もしかかったとしても、すぐに回復しそうな気がしますが…。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓


posted by MYOGO at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

鑑定の実例 -中瀬ゆかりさん-

今年に入って初めての「紫微斗数」のカテゴリーの記事ですね…m(__)m

実例も去年の11月以来です。今年はもっとご紹介できればな、と思います。


今回は中瀬ゆかりさんを取り上げたいと思います(1964年6月3日生まれ 出生時間不明)。

新潮社出版部部長・テレビ番組にもよく出演している方です。

またまた「5時に夢中」関連の方ですが、命盤が気になっていたので鑑定をしてみました。


*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
※生時が不明の為、推時で行います。また「紫微斗数について」の記事も参照頂ければと思います。
●推時について

http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/277803100.html
●紫微斗数について(その1)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276027648.html
●紫微斗数について(その2)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276220349.html
●紫微斗数について(その3)
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/276761439.html
*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

命宮は「武曲(化科)」「天姚」です。命宮の武曲はマツコ・デラックスさんと同じですが、女性版はああなる、といったところでしょうか。女性なので男性よりおしとやかになりますが、それでも男らしい方は多いです。

天姚があるので、チャーミングで人当たりも良くなりますので、武曲の男性性も和らぎます。

遷移宮(外面も表す)は「貪狼」「天空」です。初めは命宮に貪狼(あるいは破軍)あたりが一緒に入っているのかな、と思ったらそうではありませんでした(生まれた時間を調べていたがこの組合せは無かった)。

普段テレビ等で見せているのが貪狼なのでしょう。仕事柄というのもありますが、社交的でお付き合いも広く、話題も豊富で人を楽しませる事が出来る方です。

ただ天空が入っているので、どこまで本気なのかはちょっと疑問に思ったところもあります。いろいろな義理もあり、なかなかそういう訳にもいかなさそうですが、本音はおうちでじっくり向き合いたいものもあるのではないでしょうか。
「天空」「地劫」が入っていると、ものぐさになったり・面倒くさいと思う事があります。

兄弟や友達との関係ですが、兄弟宮は「天同」「フ羊」「火星」で、遷移宮とも関連はしてきますが、基本的に人当たりは悪くないので仲良く出来ると思いますが、嘘をつけない、というか、本質的にはおべんちゃらが苦手な方だと感じますので、本音もボロボロと出てくるのではないでしょうか。それでケンカをしたり人間関係にも影響し、失ったものも結構あるのではないでしょうか。でも、それはそれで仕方がないと思っているし、本人もあまり気にしていないと思います。「来る者は拒まず・去る者は追わず」といったところでしょうか。

父母宮は「天喜」が入っているので、ご両親も社交性がある方です。「文曲」があるので、中瀬さんの文章好きはご両親の影響と想像出来ます。「太陽(化忌)」なので、お父様とのわだかまりがあったのではないかと思われます。寂しさも覚えたのかもしれませんが、今はわだかまりも溶け、仲良くしているのではないでしょうか。

夫婦関係の夫妻宮は「七殺」「禄存」で、潤いがある感じではなく、ちょっと殺伐感を感じさせます。お互いに武器・戦いの匂いがするので、ケンカも多い事だと思います。でもその中で得るものも沢山あると思います。今事実婚関係にある白川道さんも七殺という感じがしますね。

身近な人間関係はいろいろと大変なところがありますが、そんなところが仕事にも生かされている感じがします。

ちなみに、もし子供が生まれていたら、多少気性が荒くて一癖ありそうですが、自立してあまり手のかからない、とてもいい子に育っていたと思います。子女宮は「天梁」「天魁」「陀羅(廟:エネルギー高)」です。

仕事といった社会的な部分は結構良いと思います。

仕事で出会ったいろいろな方とのつながりで外に出る機会が多いと思いますが、星の配置が異なっていたら文学好きのちょっとこもりがちの主婦になっていた可能性もあります。

官禄宮は「紫微」「天府」で、王様と王女が同宮しており、大手・名の知れた企業・身近なもので、星の意味合いからも役職に就く暗示が出ています。

財帛宮は「廉貞(化禄)」「天相」「地劫」です。廉貞はテレビの意味合いがあるので、これにサラリーとは別に稼ぐ化禄が付いていてここでも稼げる星配置です(額はあまり望めないと思いますが、文化人枠なので仕方無いでしょう)。天相も気品良くきちんと仕事が出来ます。地劫が付いているので、出ていくものもありますが、エネルギーは低くないので収支はプラスになっていくでしょう。

部下や取引先を表す奴僕宮は「太陰」「文昌」で、ここからも文学の意味合いが読み取れます。部下の方も尽くしてくれて、恵まれている事でしょう。

田宅宮は「天機」「左輔」「右弼」「天鉞」で、エネルギーも強くて悪くありません。星の意味を単純に読み取ると、家族団欒で笑いが絶えず、昔ながらの典型的な家庭を築く事が出来ます。現在の中瀬さんも白川さんとはコミュニケーションが途絶える事は無いでしょうね。

疾厄宮は「巨門」「鈴星」「天馬」ですが、命盤全般を見渡しても特に要注意というところはなさそうですが、強いて言えば呼吸器でしょうか。気管支炎・風邪なんかを引いて肺炎にならない様に。都会だと有害ガスも多いと思うので、ご家庭では空気清浄機を取り入れた方が良さそうでしょう(副流煙にも注意)。

福徳宮、そして後天運をあらわす身宮は「破軍(化権)」です。ギャンブル好きはここではっきり出ていますね。今は組織の人間という事もあるので「武曲」の礼節をわきまえている感じですが、退職後は「破軍」のはっちゃけた感じが出て来るでしょう。ここに身宮のある人は引退願望が強い傾向があります。仕事も嫌いではないけど、出来れば好きな事だけやっていきたいと常日頃思っているのではないでしょうか。

さて、これからの運勢にも触れておきたいと思います。

40代〜60代は「人生の整理と仕分け」といった感じがします(天空→天空地劫に挟まれ→地劫)。30代までもある意味若さに任せた生き方から、中年期にさしかかって、これでいいのか、と自問自答と葛藤の日々が続いていると思います。

50代は論客としての面にさらに磨きをかけていく事でしょう(星は疾厄宮のところを参照)。ただ前半は舌禍でケガをしない様に気を付けて頂きたいです。

60代になると定年を迎えるという事も有り、好きな事が好きなだけ出来るというある種の開放感を味わう事が出来ますが、それもじきに飽きて来るでしょう。基本は仕事の人なので、完全なリタイアでは無く、上記でも触れましたが、自分自身が楽しめる仕事だけをやっていきたいという願望に従うと良いと思います(星は遷移宮のところ)。

70代になるとある意味70代らしい、ゆったりと生活が送れるのではないでしょうか(星は奴僕宮のところ)。好きな本を好きなだけ読みまくり、感じた事は書評にしてまとめていると思います(外部に発表するしないは別にして)。

若い頃は結構苦労もあったと思いますが、その苦労を乗り切ったプレゼントが老後にやって来る事でしょう。悠々自適に暮らせると思います。運気も安定しているので、ピンコロで生涯を終える事が出来そうです。

最後に開運のキーワードを。命宮・子女宮・田宅宮、その次に夫妻宮・奴僕宮・福徳宮が良いです。本当は子供が良いのですが、いらっしゃらないので、可愛がる存在(猫を飼っているのでそれで良いです)、家庭、パートナー、年下(異性が良い)と食事なんかして刺激を得る事、趣味。そして何よりも自分を大切にして下さい。
仕事をストイックにとことん取り組む傾向があり、ここで結構無理もしていると思います。あまり頑張り過ぎずにちょっと力を緩めると、人生を心から大いに楽しむ事が出来ると思います。

一ファンとして、余計なおせっかいではあると思いますが、アドバイスさせて頂きました。


↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓


posted by MYOGO at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。