FRONT −ようこそMYOGO’sBLOGへ−
126.114.42.209.jpg

【広告や商品情報について】
占いやスピリチュアル、又はそれに準ずるものが出てくる場合がありますが、これは運営会社側のシステムの都合上のものです。MYOGOやパイン・フューチャー・クリエイティブと関係はありませんのでご了承下さい。
※但し、fortune salon NEW MOONと紫微斗数書籍関連は除きます。




   
   

2013年04月18日

占いの必要性(その2)

これは「占いの必要性」の続きで、もう少しお伝えしたい事を記したいと思います。

※前回の記事はこちらをご覧下さい。
http://fortuneteller-myogo.seesaa.net/article/322109868.html

自分自身に迷いがあったり、ネガティブな心境等、心が曇ったで判断するとかえって悪い選択をしてしまう場合があります。

ひとりでタロットカードをやってみても、主観の視点が入ってしまうと、結果を自分自身の都合の良い結果に解釈してしまいます。

だから前回、第三者を介する方が良いとお伝えしました。

占いは「自分の状況を映し出す鏡」だと思っています。にタロットカードではそれが顕著だと思います。本人の心境・相手の心境・置かれている境遇等々…

その鏡と正面からじっくり向かい合う必要があります。その鏡を自分は直視出来ないので、誰かに冷静に見てもらう必要がある場合があります。その上で鏡に映った姿を説明してもらう事も併せて。

占いは奇異でもまやかしでもありません。古代から受け継がれている英知だと思っています。
但し、正しく使えばのお話ですが。

ホロスコープ・四柱推命・紫微斗数等の「命術」で人生の大まかな傾向を知り、タロット・易等の「卜術」でピンポイントに対処…目的と手段に応じて使い分け、問題や悩みを解消していくお手伝いをするのが占いです。
ちょっとした場での盛り上げといった、エンターテイメント的にも使えますし。

そして、私を含め、どの占い師さんに見てもらっても言える事なのですが、何かしらのアドバイスを聞いたらそれを鵜呑みにせず、もう一度自分で考え、納得した上で行動して頂きたいと思います。

鵜呑みのまま行動するのはあなたの人生ではありません。逆に言えばあなたの人生の肩代わりは出来ません。

アドバイスが納得いかなければ、このまま無視してもいいと思います。無視したからといって、直ちに不幸になる訳でもないと思いますし。

ただ、どの先生もあなたの事を本当に思って真剣にアドバイスをしているのは間違いない筈です(正しい心を持っている人、という但し書きが必要だと思いますが)。

それから、開運グッズが流行っていますが、それをあまりにも多用し過ぎるのもいかがなものか、と思います。自分自身の経験も含め、あまりに多いと自分の願いが分散されてかえって効きにくくなる様な気がします。
これを持っていると願いが叶いやすい、あるいはやる気が出てくるグッズに的を絞って少し持っているのはいいのかな、と思います。

占いは正しく・楽しく活用しましょう。そうすればあなたの人生を応援する良きパートナーになり得る存在です。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓


posted by MYOGO at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。