FRONT −ようこそMYOGO’sBLOGへ−
126.114.42.209.jpg

【広告や商品情報について】
占いやスピリチュアル、又はそれに準ずるものが出てくる場合がありますが、これは運営会社側のシステムの都合上のものです。MYOGOやパイン・フューチャー・クリエイティブと関係はありませんのでご了承下さい。
※但し、fortune salon NEW MOONと紫微斗数書籍関連は除きます。




   
   

2012年06月19日

紫微斗数について(その1)

こんにちは。台風が近づいていますね。夕方から日本列島を縦断する様ですが、くれぐれも皆さん気を付けて下さいね。そういう私も気を付けないと…。

今日は紫微斗数について触れたいと思います。ホームページでも既に紹介をしていますが、私個人のブログでも改めてご紹介したいと思います。

紫微斗数の起源と構成

紫微斗数は、中国の唐から宋の時代に生まれた占術で、道教がもとになっているのではないかといわれています。

あまりの的中率の高さに、長い期間にわたって秘匿であったそうですが、中国・台湾ではその的中率の高さで人気の占術となっています。

また、紫微斗数は「命盤」と100以上ある「星」で構成されています。

紫微斗数の命盤とは

紫微斗数は、以下の12の宮に分かれています。東洋版のホロスコープといったところでしょうか。あわせて主に鑑定する運についても記載しております。

★命宮(めいきゅう):総合運        
★兄弟宮(けいていきゅう):兄弟運・友達運                    
★夫妻宮(ふさいきゅう):結婚運      
★子女宮(しじょきゅう):子供運・恋愛運  
★財帛宮(ざいはくきゅう):財運      
★疾厄宮(しつやくきゅう):健康運・弱点  
★遷移宮(せんいきゅう):旅行運・対人運
★奴僕宮(ぬぼくきゅう):部下運・顧客運
★官禄宮(かんろくきゅう):仕事運
★田宅宮(でんたくきゅう):不動産運
★福徳宮(ふくとくきゅう):趣味運
★父母宮(ふぼきゅう):親運・上司運

もうひとつ、いずれかの宮が「身宮」となります。身宮は中年以降の後天運を見ていくところになります。

紫微斗数で使う星とは

紫微斗数には100個以上の星がありますが、全ての星を使うことはあまりないと思います。
私の場合は、14個の主星といくつかの助星を使って鑑定します。

主星と助星は次の項でお伝えします。

↓↓応援頂ける方はクリックをお願い致します(お好きな数だけクリックして下さい)↓↓
有難うございます!



posted by MYOGO at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫微斗数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。